自由が丘

2018年02月02日


# 今回は小ネタ

先の自由が丘のカレーカフェを後にして、向かったのはバス通り沿いのTのほぼ向かいにとあるコスメ店、その1Fにカフェが有るということで。そのお店とは…

shiro_j_01

shiro(シロ) 自由が丘店、2017年8月にopenした
コスメ店&カフェである。本社は北青山だがカフェの本店は北海道砂川にあるというちょっと特異なタイプ。入口とは別に右手にtakeout用のカウンターがある。

shiro_j_02

入るとすぐ右手にレジカウンターがありキャッシュオンスタイルを取る。その先デリバリーカウンターから続いてキッチンがあり、一番手前にLA MARZOCCOのFB/80が。

って横に目をやると…

shiro_j_04

おお、波ありのPOPが。

shiro_j_03

客席はその奥地下の階段の吹き抜け奥にソファー席が8席ほど、さらに奥に合計30席程度のテーブル席といった構成。自然派コスメ故に淡めのカラーリングのオサレなハコ。

この日は日曜の16時近く、お客さんは6割程度の入り。今回は様子見で…

shiro_j_05

カフェラテを。豆はどこか聞くの忘れた…続きを読む
Comments(0) |  │   (08:45)

2018年02月01日


usubane_01

この日は日曜の混んでるさなかに自由が丘へ。大井町線沿いのとあるカレー店を引き継いだカフェにどうやら波があるという話を受けて。

場所は西口のロータリー南側の駅脇の踏切手前を西に程なく進んだ所にあるビルの地下に入る…

usubane_02

今回はこちら、usubane(ウスバネ)、2017年5月1日にopenしたカフェである。

usubane_03

階段を降りて入ると奥に長いハコ、右手にレジとキッチンとカウンターがあり、奥の壁面に比較的珍しいCARIMALICentoが鎮座する。

usubane_04

客席はその前から奥にかけて16席ほどのテーブル席、比較的woodyな雰囲気の構成。この日は9月の日曜の15時半ごろ、お客さんは丁度ランチ時の集団長居客が掃けた所で上手く入れ替わりに。今回は様子見で…

usubane_05

カフェラテを。豆は基本的に保土ヶ谷の帷子珈琲(浅)、地元のChanoko Coffee Roastary(中)、初台のG☆P COFFEE ROASTER(深)から選べ、今回はG.Pさんの豆を。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:15)

2017年06月26日


ALPHA_BETA_COFFEE_CLUB_02

さて、深沢からバスで自由が丘へ移動。向かったのは北口ロータリー近くの新築ビルの3Fに入る鳴り物入りのカフェ…

ALPHA_BETA_COFFEE_CLUB_01

今回はこちら、ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)、2017年4月22日にopenした某gな会社のマーケターな方のコーヒー&ビアスタンドである。入口はエレベーター出て左手。

ALPHA_BETA_COFFEE_CLUB_03

入ると白色系と淡い木の色を活かしたオサレなハコ。左手(西側)壁面には世界地図がデフォルメイラストされており、正面右手から窓際にかけてレジとカウンター。キャッシュオンスタイルを取る。

客席は中央の大テーブル席14席ほどと南側のテーブル席が10席、窓際はベンチがあり、さらに駅側に広めの屋外テラスがあり、脇にベンチシートがある。

おっと、レジには…

ALPHA_BETA_COFFEE_CLUB_04

お、Raspberry PiベースなNFCリーダー、どうやらクラブメンバー会員証のリーダーっぽい。

この日は平日の10時頃、お客さんはノマドな方2.3人とあとはフツーのお客さん2人ほど。今回は様子見で…

ALPHA_BETA_COFFEE_CLUB_06

カフェラテを。豆はエスプレッソの場合、STREAMER…(´・ω・`)続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:10)

2017年05月10日


この日は朝からとあるコーヒースタンドの偵察に。その前に自由が丘で町田のノリに乗ってる有名飲食系チェーン店のカフェが自由が丘に進出したということで、人が少なそうな朝にささっと。

場所は駅南口を出て南へ程なく、ビルの2Fに入る…

LATTE_GRAPHIC_ji_01

今回はこちら、LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック) 自由が丘店、2017年3月23日にopenしたキープウィル系列のカフェである。

LATTE_GRAPHIC_ji_02

このビル、2Fは中央に通路があるのだが、メインは南側(左手)で離れとなる北側にも席を擁する(ただし多客時・貸切用の模様)。入口は2Fの通路中程左手から。

LATTE_GRAPHIC_ji_03

入ると右手すぐにレジがあり、正面にカウンター、そしてこの系列共通のLA MARZOCCOFB/80が鎮座、脇にはHARIOのドリッパーと。

LATTE_GRAPHIC_ji_04

南側の客席は左右(東西)にありテーブル席が全体で30ほど、東側のフロアにコンセント付きの集合カウンター席が10席といった構成。窓側はおやくそくの用にローテーブル席といった配置もこの系列の特徴。

さらに、コンセントについてはカウンター席でだけではなく、

LATTE_GRAPHIC_ji_05

この様にベンチシートの足元にも設置されている。

この日は3月下旬の日曜の8時半頃、お客さんは南側フロアだけで6割程度の入りと開店して期間も程なくにもかかわらず結構な入り。今回は様子見で…

LATTE_GRAPHIC_ji_06

カフェラテを。豆は勿論Allpress Espresso続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (11:15)

2015年07月10日


元ネタはInstagramでお世話になっているこの方からの頂きネタ。自由が丘の西の方に何やら雰囲気よさげなカフェがあるらしい。よくよく調べてみるとどうやら波+電源があるとのことなので、先のお店から続いて。

場所は自由が丘駅から大井町線を線路沿いに九品仏方面へ。ちょうど中程位の住宅街の中1件にちょこんと立て看板のあるお店が。

Cafe_Radio_Plant_01

今回はこちら、CAFE RADIO PLANT(カフェ ラジオプラント)。

Cafe_Radio_Plant_02

入ると石畳の床にコンクリ打ちっぱなしのハコ、右手には本棚と共に店名の由来であるUS系のアンティークラジオの数々で綺麗にまとまったハコ。

Cafe_Radio_Plant_03

奥に向かって低くなる店内は手前のフロアにテーブル席が12席ほど、奥のフロアとの右手壁面脇にレジがあり、奥のフロアに大テーブル席が8席ほどある模様。

この日は土曜の15時頃、お客さんは2組ほど、奥ではご近所常連さんが店主ご夫婦と談笑されておられる様子。

今回は様子見で…

Cafe_Radio_Plant_04

水出しコーヒーを。豆は都立大学のDUN AROMA(既訪、波カフェ)から続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:30)

2015年03月06日


# 今回は小ネタ
MELLOW_BROWN_COFFEE_Jiyugaoka_05

この日は自由が丘界隈の新店をピンポイントで。世田谷区のコーヒー激戦区、奥沢の北の方にUCC系珈琲店の新店が出来たと。しかも何故か本店扱いとなっていることから、ちょいと様子見で行ってみることに。

最寄り駅は目黒線のFe分高めな駅、奥沢。そこから北(自由が丘方面)へゆるい坂を下ること2,3分ほど、右手のマンションの1Fにテラス席のあるお店が見えてくる。

MELLOW_BROWN_COFFEE_Jiyugaoka_01

今回はこちら、MELLOW BROWN COFFEE(メローブラウンコーヒー)の自由が丘本店UCCフードサービスシステムズのMELLOW BROWN COFFEEブランドの何故か本店扱い、となったお店である。(どうやらロースターを置く話があったとかなかったとか)

MELLOW_BROWN_COFFEE_Jiyugaoka_02

入るとすぐにレジがあり、すぐ左手にLA MARZOCCOのFB/80がお出迎え。奥がキッチンとなっている。

この日、お客さん11時過ぎの時点でほぼ満席だったので写真は割愛。左手から奥にかけて40席強ほどのソファー席を中心とした配置。通り側にはテラス席も10数席備える。

今回は様子見で勿論…

MELLOW_BROWN_COFFEE_Jiyugaoka_03

カプチーノを、だいぶミルキーシフト。。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:59)

2014年11月11日


BLUE_BOOKS_cafe_j_01

元ネタはtwitterから、音楽レーベル系のBLUE NOTEがまたカフェを出店すると、今度は自由が丘。あそこは個人的には元々人が多い分非常にやりにくいエリアなのだが、とりあえずは行ってみることに。

場所は自由が丘の北側、サンモア通りの1Fにゴディバが入る角地のビルの地下への入口に四分休符記号の描かれた青い看板のお店がある。

BLUE_BOOKS_Cafe_j_02

今回はこちら、BLUE BOOKS Cafe(ブルーブックスカフェ) 自由が丘店、2014年10月10日にopenしたお店である。入口は階段を降りて地下へ。

BLUE_BOOKS_cafe_j_04

入るといきなり島式のカウンター席を兼ねたバーカウンターがあり、カウンター右手奥にはLA MARZOCCOのLINEA CLASSICが。

そしてBLUE NOTE系列のcafeにはほぼ必須的な…

BLUE_BOOKS_cafe_j_05

入口右手の階段側壁面に沿って本棚並ぶが、本棚の最下段にはひっそりとビール瓶等のダースケースが潜ませてあり、BLUE NOTEのセンスを出来るだけ汚さぬようバックヤードのキャパの無さを如何にしてカバーするかの苦労が伺える。
(実際階段下の入口の電飾看板脇にはビールサーバー用のビール樽がうず高く積み上がっている(暗くて目立ちにくいが))

この他、本棚は奥の右手側の壁面にもジャンル分けされて置かれている(自由に読むことは出来るのだが、お店のアッパーな雰囲気的に…(略))。

BLUE_BOOKS_cafe_j_11

入口側本棚の入口脇エリアにはひっそりとコーヒー本も。田口大先生の本が一番前で、某大御所の本が奥の方に。

BLUE_BOOKS_cafe_j_07

客席は奥に長く全体で70席ほどの大箱。奥に行くほど1,2段下がっており、奥をステージにしてライブが出来るよう照明設備も整えてある(今回客席の写真はコレぐらいが限界)。

この日は土曜のお茶時だが7割程度の入り。今回は様子見で…

BLUE_BOOKS_cafe_j_08

カフェモカをサクッと。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:00)

2012年12月21日


Bianchi_Cafe_07

# 元ネタはたぶんtwitter方面から

 10月末にチャリ系、というかロードサイクルブランドのカフェがショールーム併設で開店すると。しかも場所は…えっ? 自転車エリアとは比較的無縁な場所、自由が丘。

一応マークはしておいたが、この日は東横線沿線のネタがあったのでそれに合わせて様子見に。場所は駅を出て西側を南北に貫くバス通りを北へ、途中丁度右手に公園があり、道路を挟んで対面にある角地にガラス張りのショールームっぽいお店が見えてくれる、それがBianchiのカフェ、

Bianchi_cafe_01

BIANCHI CAFE & CYCLES(ビアンキ カフェ&サイクルズ)、B1F(半地下)部分がサイクルのショールーム、カフェは階段を上がって1Fにある。

Bianchi_cafe_02

階段を上がると正面はキッチン、右手から通り側にかけて客席があり、約40席ほどと比較的大きめ。だが空間は余裕をもって作られており窮屈感はない。

また、ロードサイクル系とは思わせないようなスタイリッシュ系なデザイン。

今回は吹き抜け脇の席に座らせてもらって、横を見ると…
Bianchi_cafe_03

おお、テーブルのPOPに「Free Wi-Fi」と書いてある、波ktkr!

今回はfood使いではなくて、大人しく…
Bianchi_cafe_04

ガトーショコラとカフェ・マキアートを。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:55)

2011年11月30日


さて、先のお店からバスを駆使して目黒通り沿いへ。場所は自由が丘の北、産能大の道向かいにあるお店・・・、

FUKAZAWA_CAFE_01

FUKAZAWA CAFE、今年の10月にできたお店である。

FUKAZAWA_CAFE_02

店内は入口が2ヶ所に分けられ、右手の入口はドッグカフェとしてワンコ連れ用、左手に普通の入口があり、実質フロアも分離が出来るようになっている(写真の奥のほう)のはうれしい所。
それでいてホワイトベースの店内とすっきりとしたフロア。

中央には大テーブルがあり、奥のカウンター席の上の青いのは・・・
FUKAZAWA_CAFE_03

お、ELEKTRAClassicシリーズ。これを見たのは等々力の某Tカフェ以来。

さらによくよく見るとカウンター席の壁面にコンセントが見える。

そんなマシン置いてるんだったら・・・ということでオーダーするのは勿論・・・

FUKAZAWA_CAFE_04

ラテを。
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:59)

2011年08月24日


# 2015年9月30日をもって日本から全撤退してしまいました…(´・ω・`)

自由が丘に電源のあるスムージーのお店が開店すると、聞きつけたのはtwitterから。そんなわけで、開店当日に突撃。

Robeks_Juice_j_01

ピーコック前の交差点角に新しく丸い看板のある、Robeks Juice(ロベックスジュース)。

店内入るとキャッシュオンでオーダー、受け取り口でオーダーしたものを受け取るというスタイル。雰囲気はほぼまんまスタバである。

しかしながら客席に目を向けると・・・

Robeks_Juice_j_04

カウンター席中央には怒涛の数のスライド蓋付きコンセント。1Fだけでもざっと見ただけで10ヶ所以上ある。

さらに2Fに上がって、
Robeks_Juice_j_02

比較的大箱なフロアでソファー席もあり、勿論2Fのコンセントの数も抜かりない、2Fには20近くはあるだろうか、南側の壁面(写真では奥の壁画の下の席)にある席には所々足元にも設置されている。

とりあえず様子見で今回は・・・、奥のソファー席に座って
Robeks_Juice_j_05

苺のスムージーをSで。

続きを読む
Comments(4) | TrackBack(0) │   (22:45)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ