秋葉原

2018年03月19日


この日は秋葉原に。駅前に波あり電源ありの(フツーの)カフェが出来たということで。場所は電気街口の南側のラジオ会館のちょっと西側の細長いビルの1Fに入る…

VAPE_STAND_SMOKERS_CAFE_01

VAPE STAND SMOKER'S CAFE(ベイプスタンド スモーカーズカフェ)、2017年10月にopenしたリキッド型タバコの販売を兼ねるカフェである。

VAPE_STAND_SMOKERS_CAFE_02

入ってすぐ左手に物販エリア、その奥にカフェのカウンターがあり、キャッシュオンスタイルを取る。

VAPE_STAND_SMOKERS_CAFE_03

客席は1F右手やや奥の階段を降りて地下へ。奥に長く30席ほどのハコ。階段降りてすぐのカウンター席(11席)10ヶ所に1口コンセントとUSB充電ポート(1.5A)を備える。残りはテーブル席といった構成であっさりとしたハコ。

この日は10月の平日の19時半頃、開店して認知度がまだそれ程ないせいかお客さんは1,2人程度。今回は様子見で…

VAPE_STAND_SMOKERS_CAFE_04

カフェラテを、オートサーバーなのでそれなり。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:45)

2017年08月28日


# 2018年3月27日をもって閉店しました。

この日は福岡ラリーの下準備ということで浅草橋というか蔵前のとあるお店に向かうことに。その前に幾つか残していたお店があったのでちょいと立ち寄り。

そのお店とは、東神田の東端、清洲橋通りの美蔵橋南東袂にあるUDSなGRIDS AKIHABARA HOTEL + HOSTELの1Fに入る…

STREAMER_COFFEE_Aki_01

今回はこちら、STREAMER COFFEE COMPANY Akihabara(ストリーマーコーヒーカンパニー 秋葉原)。秋葉原と名は付けども神田川の南側、丁度岩本町、馬喰町、浅草橋と秋葉原の間に位置するコーヒースタンドである。

STREAMER_COFFEE_Aki_02

基本的にはGRIDS HOTELと同居する東日本橋のお店とスタイルは一緒。右手中程にホテルのフロントがあり、左側2/3がSTREAERのエリアとなる。ドーナツ等の入ったガラスケース、そしてカウンター上にはLA MARZOCCOのLINEA CLASSIC。

STREAMER_COFFEE_Aki_03

客席は手前側の腰掛け、中程の10席ほどの大テーブル席、奥に神田川に面した革張りのソファー席等々、だいたい全体で30席程度。東日本橋よりは壁が多くわりとかっちりとといった構成。

この日は平日の17時頃、お客さんは4,5人ほどでノマドやったり打ち合わせやったりといった様相。今回は様子見で…

STREAMER_COFFEE_Aki_05

ラテマキアートを(これSTREAMERではバリスタさん泣かせのメニューっぽい)。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:50)

2015年02月14日


VAULT_COFFEE_01

元ネタは多分twitterから。秋葉原の中央通り沿いに波+電源ありの珈琲店が出来たと。あの界隈、そのテのお店といえば喫茶東洋以来の出モノということで先の本郷三丁目のお店から続いて行ってみることに。

場所は銀座線の末広町、中央通り沿いに少し南に下ったリバティの5号館、路地に入り込むとお店の行灯が出ている。その階段をせっせとあがって3Fに現れるお店…

VAULT_COFFEE_02

今回はこちら、VAULT COFFEE(ヴォルトコーヒー)。元門前仲町の珈琲専門店東亜(新大久保のトーアコーヒーのFC店)に勤められた方が独立して2014年11月にopenしたお店である。

VAULT_COFFEE_03

入ると典型的な元アキバ系ショップの奥に長いあっさりとしたハコにキッチン前のカウンター席がズラーっと12席、奥にテーブル席等で8席ほど、一番西端の窓際に2席といった構成。

この日は土曜のtea time。予想はしてたが秋葉原どまんなかのお店では空中店舗でもやはりほぼ満席。

VAULT_COFFEE_04

カウンターにはハリオのドリッパーが、ちなみにペーパーではなくトーア流で化繊らしい。スタッフの方とお客さんとでコーヒーのマッチングを勧めながらメニューを取っていく。

さて、今回はかろうじて空いていたカウンター席に座らせてもらって、様子見で…

VAULT_COFFEE_05

ブレンドを。爽やかな酸味系。続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (21:10)

2014年07月05日


#  2014年11月29日をもって閉店しました(twitter)。
# いろいろと六本木で間借りしたりと模索して居られたようですが、
#2015年8月半ば以降音沙汰無のようです

Caf3PackW0rk5_05

元ネタはtwitter方面から。秋葉原にどうやらメイド系やネカフェ系でない波+電源カフェがあるとのこと。どちらかと言うとBARシフトしているのだが、秋葉原のお店の入れ替わりは半端無く早いのでとりあえずは行ってみることに。

Caf3PackW0rk5_01

場所は秋葉原の神田明神下交差の北東角のビルの1つ北隣のビルの2Fに入る…

Caf3PackW0rk5_02

Caf3 Pack W0rk5(カフェパックワークス)。扉にはAdobe製品のアイコンっぽいロゴがあるのですぐに解る。

Caf3PackW0rk5_03

お店を入ると左手奥に長く、右手はイベント用のDJブースがあったりと。そ
そしていかにもこの界隈のオフィスビルを小奇麗に仕立てたハコに南側(写真左手)にカウンター席、北側に一列ソファー席を4つほど。

その奥に…
Caf3PackW0rk5_04

南側のカウンター席と中央の4席×2のテーブル席で構成され、全体で18席ほど。そして一番奥にバーカウンターとキッチンといった構成。

おっと、ここの電源、予想外なことに天井の照明器具から吊り下げコンセントで供給されるといった特異な設定。窓際のカウンター席の電源は窓上の照明用レールコンセントから取るといったスタイルを取る。

この日は会社帰りの方で7,8人ほどの入り、今回は様子見で…

Caf3PackW0rk5_06

アルコールは基本的に飲まないのでジンジャーエールをさっくりと。BAR timeなのでちゃんと付きだしが付いてる。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:59)

2013年05月16日


CAFE by PREGO_01
元ネタはtwitter方面から。秋葉原の東のほう、昭和通りのさらに東に波+電源のあるカフェが出来たとのこと。あの界隈では(メイド系以外の)カフェ自体が珍しいので早速。

場所は秋葉原と御徒町の間から蔵前橋通りを東へ入り、一つ目の交差点を北に上がるとすぐに現れるお店…

CAFE by PREGO_02
今回はこちら、CAFE by PREGO(カフェ・バイ・プレゴ)、2013年4月下旬にopenしたお店である。

CAFE by PREGO_03
入ると左手が2席のカウンター席とキッチン、右手にテーブル席が10席ほど。カウンターにSIMONELLIAppia Compactの2連が鎮座する。

キャッシュオンスタイルなのでその奥で会計を済ませて…、と手前の席が微妙にいっぱいだったので奥の部屋へ。

CAFE by PREGO_04
奥は奥で壁面のベンチシートを中心に18席ほど、開店してそれほど間がないため比較的あっさり目の内装。こちらはクッキングスタジオだったりと定期的に教室が開かれたりするよう。

さて、今回は様子見で…
CAFE by PREGO_06
ラテのMを、って結構マグカップがデカい。続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (22:40)

2012年11月07日


# 2012年12月4日に「ハナノキ」として正式に再openしたようです。→2015年1月4日をもって閉店しました…(´・ω・`)(お店の告知から)

# 元ネタはtwitter方面から。

「芳林公園隣にてcafeをやっております(notメイドカフェ)。細い路地の一番奥。自家焙煎の豆を使ったハンドドリップコーヒーが1杯300円より。無線LAN、電源も無料で使えます。」ってなタイムランが流れてきたのでどれどれと場所を調べると、ま、まさかの秋葉原。あのエリアは飲食店に関しては入れ替わりが東京一とも思えるほど特に激しいエリアでカフェらしいカフェが出てくるとは。ということで場所が場所だけに話半分で行って見ることに。

場所は外神田の秋葉原の電気街、駅的には末広町が近い昌平小学校の北側。工事中の公園脇に奥へと続く路地があり、飛脚(=佐川急便)の溜り場の先にあるアパートの真ん中のテナントにほんのりと電球色の灯りが。

forget_me_not_01

こ、これか…、一瞬本当に秋葉原か?と思わせるファザードが、今回はこちら、forget-me-not(フォーゲットミーノット)、元は花屋+メイドカフェという秋葉原ではちょっと異色だった変わり種メイドカフェ(アキバでは有名なメイドカフェ「シャッツキステ」のオーナープロデュースだったらしい)を業態変更したお店である。

店内はというと…
forget_me_not_02

おおー、手前には花屋故の香りを多分に残し、しつらえはホワイトベースのちょいと年季の入ったフランスの田舎系的?ハコ。小物は草花とドライフラワー、ランプはモロッコ製のものといったフェミニン系のテイスト。

forget_me_not_03

テーブル席16席ほどそれほど広くないハコに店主が一人、珈琲をドリップしていく。レジ脇には水出し珈琲器となかなか気合の入ったラインナップ。

さて、今回は…
forget_me_not_04

774ブレンド(勿論「名無し」と読むw)とチーズケーキを。続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:36)

2012年03月04日


# 2017年1月28日をもって閉店しました(お店のtwitter)
さて、先のお店から神田明神前の坂を下って秋葉原へ。ポストリナカフェを目論むお店のうち、残りの1つを…ということで。

cafebar_sexteen_01

場所はいわゆるおでん缶なチチブデンキを入口とするアキバの裏通りを上がり、デジガジェ系では有名な三月兎の上に入るCafe&Bar SIXTEEN

cafebar_sexteen_02

店内はすべてテーブル席で40席ほどはあろうか、そして奥にDJブースっぽいものがあり壁面2面をプロジェクタで出せるようにしてイベント用にも向いた構成にしてある。勿論こちらでもfoodはキャッシュオンのスタイルを取る。

今回はL/Oも近かったこともあり、様子見で…
cafebar_sexteen_03

ラテを。
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (04:26)

2011年12月05日


# 2012年5月31日をもって閉店しました、原因がアレですが…(ソースはGoogleのキャッシュより)。

先のお店から続いて、最近話題の格安のお店に。

madawo_01

場所的には有名ラーメン店Jの向かいのメイドカフェが多数入るビルの4Fに入るお店。まるでだめなおとなのCafe&Bar madawo.com、通称「まだおカフェ」である。

屋外の階段をひたすら上がって4Fに。その1フロアに入ると・・・
madawo_02

(これはレジ側から見た様子)左右に白いソファー席が設けられ、中央はほぼ立ち呑みの準スタンド席。といった並び様。元々こちらもメイドカフェだった片鱗がなんとなく残る店内である。

madawo_04

そして奥のほうにはかつてVIPルームだったらしい場所が。そちらも客席になっている。

こちらはキャッシュオン形式なのでオーダー以外はお客さんは勝手にやって〜という様相が強く、思い思いに本日の成果だったり小ミーティングだったりと三々五々やってきてはうだうだと話をするスタイルが。

そんなわけでとりあえず・・・、胡椒博士(Dr.Pepper)でも頂いときますかね。
# 同時につまみをオーダーしたはずなのだが・・・なんかのタイミングでしくったのか忘れ去られていたような様子・・・
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:12)

2011年12月04日


# 2012年5月20日で閉店する旨公式発表されました。あのフードコートっぽいハコで平日利用が厳しかったと…

# 秋葉原のリナカフェが2011年12月で閉店という話のようですが、理由は諸説あるとはいえ、開店当初から知るものとしては喫茶東洋、喫茶古炉奈と続いてアキバの歴史を語る上で外せないお店がまた消えるのは残念ですね。

さて、秋葉原に波のあるカフェができたと。元々メイド系に関してはout of 眼中なので今回は久しぶりのターゲット店舗に。

wf_cafe_01

場所はかつて「ザコン」と呼ばれたラオックスのザ・コンピュータ館があった跡に入ったフィギュアで名の知られた海洋堂。カフェはその地下に入る。

wf_cafe_03

チチブデンキ側の入口から地下に入って降りると、広がるは微妙にカオスなフードコートっぽい空間。このフロアのショップなりスペースを総合して「海洋堂ワンフェスカフェ」というらしい。

wf_cafe_07

色々とお店を巡っていくとプレスのコーヒーを出しているお店が。今回はこちら、BAR-111に、唯一海洋堂直営系のお店らしい。

すべてがフードコート形式なのでキャッシュオンタイプ、といいつつもデリバリーはお店によってやってくれるよう。勿論オーダーしたのは・・・

wf_cafe_04

プレスのコーヒー。勿論マグで2杯分いただけるので値段からするとそれ相応というところ。スペシャルティコーヒーということは自動的に軽井沢のMなのだが果たして調達先は・・・?続きを読む
Comments(3) | TrackBack(0) │   (21:01)

2010年12月15日

# ちょいと今回は最近のネタを

東京起点東北本線キロ程、2k540m。場所にすれば秋葉原と御徒町の間、ちょうど縦軸で末広町のあたりになるJRガード下にできた2k540。そんなテナントに波あり電源ありのお店ができると聞いたのは開店2,3日前。開店前日からのtwitterの状態を確認しつつ・・・

asan_cafe_01
そんな時間を避けて朝にcafe asan。そのそも朝7:00からopenしてる事自体場所からして不思議だったが、多分平日の朝なら・・・、と戸を開けてみると・・・

asan_cafe_02
案の定私だけ。まず目につくのは6つのハンモックとカウンターに並べられたiPad。

asan_cafe_04
アジアンアニメーションカフェというコンセプトはちょいとカオスな情報空間ということで中央のディスプレイにはtwitterのタイムランが。

あれあれ?椅子は・・・?とよくよく見ると・・・

asan_cafe_07
柱周りの棚に「Bench!」という紙が貼ってある。こ、これか・・・・。

キャッシュオン形式なのでカウンターでモーニングセットはfood2品+ドリンクというオーダースタンス。

asan_cafe_05
はい、てことでモーニングはこんな感じ。ちなみにテーブルのガラス板の下にあるのは中身から察するにサクラ大戦の台本らしい。

ハンモックを椅子替わりに、ゆらゆら揺れながらの朝メシ。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (00:01)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ