学芸大学

2019年08月22日


# 5月中頃の小ネタ

元ネタはちょくちょくネタを頂いている祐天寺の自家焙煎珈琲店の店主さんから。学芸大学の東急高架下の某有名コーヒースタンド跡にカフェ新店が入ると聞いたのは4月のこと。5月下旬のopen前にプレオープンしているということで、ちょうど柿の木坂のOさんからバスに乗って恵比寿方面へ。

To_the_sea_health_living_01

バス停を降りてすぐ、駒沢通りと東横線がクロスする南側の高架下にある…

To_the_sea_health_living_02

To the sea health living(トゥーザシーヘルスリビング)、STREAMER COFFEE COMPANY Gohongi跡、2019年5月24日にopenしたハワイアンアパレルブランドの直営ショップ&カフェである。

To_the_sea_health_living_03

入ると1Fと2Fすべてのフロアを使用しており、1F手前側はアパレルのエリア(2Fはスタジオ)。カフェは1F右手側から奥にかけて大きく割り当てられており、手前側にガッツリとソファー席が3組ほど並べられる。

To_the_sea_health_living_04

奥は大テーブル席主体で30席ほどはあろうか、中央左手のレジ後方仕切り内にキッチンフロアといった構成。

この日はプレオープン時の16時近く、どうやら16〜17時の間に休憩時間があるようで、お客さんは他に1組…、だが有無を言わさずテーブル席に案内されたので…

To_the_sea_health_living_05

ふつーにコーヒーだけ。続きを読む
Comments(0) |  │   (20:15)

2018年02月12日


この日はとある日の夜に碑文谷へ。元ダイエー旗艦店だったイオンスタイル碑文谷、その5Fの書店のやや東側に併設される…

Miraiya_book_cafe_himonya_01

未来屋書店 Miraiya Bookmark Lounge Cafe 碑文谷
(以下、許可をもらって撮影)

Miraiya_book_cafe_himonya_02

レジカウンターとキッチンは奥の書店レジカウンター手前側にあり、キャッシュオンスタイルを取る。

客席はその手前から北側エスカレーター近くまで4〜50席と大箱、通路とは腰丈ほどの本棚でエリアを区切られている。また壁面の本は飲食しながら閲覧が可能な模様。

この日は9月上旬の平日の20時近く、お客さんは数人ほど。今回は様子見で…

Miraiya_book_cafe_himonya_04

ズコット フルーツとカフェラテと。ケーキ微妙に乾いてる…(´・ω・`)続きを読む
Comments(0) |  │   (10:35)

2017年12月19日


この日は平日夜に目黒方面へ。目黒通り沿いに独逸から来たランドリーにカフェが併設されているという話を聞きつけて。

東京駅から23区の有名長距離路線、東98に乗って1時間少々、東急バスの営業所近くで降りると交差点角にやけに店内がオサレなランドリーが。

FREDDY_LECK_sein_WASCHSALON_TOKYO_01

今回はこちら、FREDDY LECK sein WASCHSALON TOKYO(フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー)、2017年7月にopenしたベルリン発のランドリーである。入口は左手側から。

FREDDY_LECK_sein_WASCHSALON_TOKYO_02

区画は東西2つに分けられており、西側が24時間営業のランドリー、東側が事務所とカフェラウンジといった構成。東側フロア中程クリーニングの窓口があり、手前に大テーブル席が10席ほど、通り側にベンチシートを含む丸テーブル席が10、交差点側端にカウンター席少々といった構成。

FREDDY_LECK_sein_WASCHSALON_TOKYO_03

そしてカフェのカウンターは別途東端に設けられており、焼き菓子と共にLA MARZOCCOのLINEA miniが鎮座する。

この日は平日の20時近く、お客さんは他に1人のみ。今回は様子見で…

FREDDY_LECK_sein_WASCHSALON_TOKYO_04

カフェラテを。うん、ふつー。
続きを読む
Comments(0) |  │   (08:40)

2015年03月23日


CAFE_DAYS_01

この日は朝から首都高のトンネルを歩いてみたりと。その後さてどこに昼にするか…と悩んだ挙句東急バス1日券を使って碑文谷の気になっていたお店に。

場所は目黒通り沿い、もうすぐ岡田商店化するダイエーの道向かいのちょっと西にテラス席のある…

CAFE_DAYS_02

今回はこちら、CAFE DAYS(デイズ)。入口手前右手に屋根のあるテラス席が8席ほどある。

CAFE_DAYS_03

入るとコンクリ打ちっぱなしのハコに壁面には絵画がかけられ、ソファー席6席を含む落ち着いたオサレなハコに24席ほど。

CAFE_DAYS_04

キッチンは左手奥、正面奥にカウンター席があり、右手の設備を見るとDJセットも準備されている模様。入口左手には洋書と共に作家さんの革靴がさらりと置かれていたりと。

この日は子連れのお客さんが1組、時間帯的にもランチの終盤、時々雨だったのでマターリな空間、さて今回はランチ使いで…

CAFE_DAYS_05

ガパオライス系のワンプレートランチを。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:57)

2014年06月18日


元ネタは渋い店を見つけてこられるこの方と三軒茶屋ネタにはめっぽう強いこの方、そして男子カフェ部長からの頂きネタ。学芸大学に最近開店した古民家(?)カフェに波があるとのこと。最近学大の有名隠れ家波カフェT(既訪)が世田谷区上馬へ移転した(移転先も訪問済、後日掲載予定)こともあり、新たなネタということで機会を伺って。

場所は駅東口からりそな銀行の角を右に曲がって南へ歩くこと2,3分ほど、右手に丸い行灯が出ている古風なアパートがある…

AWORKS_01

今回はこちら、A WORKS(エーワークス)、沖縄北谷の美浜地区にあるチーズケーキカフェCafe Azzurro(流石に沖縄のカフェは未だ殆ど未訪です…)の2号店という位置づけである。お店は塀のある入口を入ってその奥へ。

AWORKS_03

まんまアパートの一軒家を改装したお店は入ると土間を上がって正面にガラスケースがあり(ってこの日は終盤だったのでケーキはほぼ売り切れ)、その右脇にLA MARZOCCOGB/5が鎮座する。

そしてその左手から奥にかけて客席があり、手前窓際からカウンター席、大テーブル席、奥の間にお子様welcomeな座敷席(奥にはロディが置いてあったりと)。

そして電源席には…

AWORKS_02

古民家カフェには珍しくコンセントをしっかり組み込んでおり、自由に使用可能。

さて、この日はお店の本日の営業も終盤、勿論チーズケーキは頂くとして…

AWORKS_04

ショコラータピスターシュを。チーズケーキの中にピスタチオの風味がなかなか。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:59)

2013年10月12日


# 今回は小ネタ

さて、先のお店から祐天寺にてお目当ての新店でランチを…と思ったらこの日は営業開始時間が1時間半遅れという(ノ∀`)アチャーな展開。そこまでは引っ張れないので悩みに悩んでお隣の学芸大学まで。

学芸大学でもお店のチョイスに悩み、久しぶりに路地裏のR(既訪、波カフェ)に行ったら予想外にランチが高めなのでその近所のこちらに。

路地裏のビルの2Fにあるカフェ好きノマド系では有名なお店…

torse_2013_01

torse(トルス その1)、かれこれ4年ぶりの再訪。

torse_2013_03

相変わらずの昼でも電球色だけの25席ほどの薄暗く落ち着いた店内は変わらず。

そんなわけで早々にランチと行きますかね。 今回チョイスしたのは…

torse_2013_04

オムライスを。中のライスは意外とべったりしたものではなくて(多分)ダシ系テイストという上品さ。
続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:05)

2013年06月12日


先のお店から武蔵小山近くまで出て、バスで上ること少々。学芸大学に波と電源のあるバルがあるのでそちらを。

東横線の駅からならば北口を出て線路沿いに渋谷方面へ少々行くと現れるお店…

cafe_y_baru_Rico_01

cafe y baru Rico(リコ)

cafe_y_baru_Rico_02

夜はバルスタイルとなるが、昼間はカフェスタイルの営業。確かに店頭の看板にWi-Fiとコンセントありの記述が。

cafe_y_baru_Rico_04

入ると左側がカウンターからキッチンとなり、右手が比較的細かく区切られたテーブル席が全部で見た目以上にある79席ほど。
このように各テーブルの袖面にコンセントが仕込まれており、壁面席ならば席脇の足元、にと2口コンセントが合計15ヶ所以上の充実ぶり。開店して早々に電源系サイトに紹介されたので奥ではノーパソ広げてごそごととやっている方も。

さて、今回は様子見つつ、おやつ使いで…
cafe_y_baru_Rico_05

ナッツ&メープルのキャラメリゼパンケーキを、もうちょっと焼き時間かかるかなと思ったら結構あっさりと早めに出てきたな…。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:00)

2013年03月23日


# 元ネタはフレッツ・スポットの新着アクセスポイント情報から。学芸大学の東端の方にあるカフェに波が入ったと、そんな訳で機会を伺って。

駅東口の商店街をひたすら東へ、バスが南北に抜ける都道420号を更に越えて住宅街に入ること少々、突如1Fに明かりのあるお店が見えてくる。今回はこちら、

anea_cafe_gakudai_01

参宮橋に本拠を持つanea cafe(アネアカフェ)の学芸大学店

anea_cafe_gakudai_03

店内の写真はGoogleおみせフォトに掲載されているので細かい部分は割愛するが、全席ソファーかローテーブル席でだいたい40席ほどといった構成。左手奥の方には半個室的フロアも有るよう。

この日は平日の夜(20時前)とはいえ適度に埋まっている状況、しかも9割方女性という…

まぁ、それはともかくとして、ちょいとfoodでも…ということで、

anea_cafe_gakudai_04

自家製パンケーキ、ABC(アボガド、ベーコン、チーズ)パンケーキを。フライパン型がしっかりとイメージできるふかふか系のもの(見た目以上に生地は結構ボリュームがある)。

そしてラテは…
anea_cafe_gakudai_05

なんとか頑張りましたーと言わんばかりの(多分)トトロっぽいラテアート。
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:05)

2010年11月08日

# 今回は小ネタ。

Roman_Records_cafe_01
 ちょいとこちらに寄ってから、久しぶりに隣の駅に行ってみようと思いついたのが学芸大学のこちら、Roman Records Cafe(1回目はこちら)。

前回は開店してそれ程経っていなかったのだが、すっかり落ち着いた様子でこの小バコではたまぁに満席で入れないこともしばしばの人気ぶり。

Roman_Records_cafe_02
カリモク60のKチェアと開店当初にはなかったテラス席。そして変わらぬDJブース。

Roman_Records_cafe_03
勿論、オーダーするのはラテを・・・・。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (01:35)

2009年10月03日

# これまた京阪神飲み食いマガジン東京通本、なかなか濃いぃ所がチョイスされていて、高円寺はよりによってあのエリア51(2ちゃんねるカフェ)が掲載されているところが・・・・(汗)。

torse 9
さて、再び学芸大学。かねてからあちこちで波+電源のカフェということで密かに有名となっていたこのお店に。場所的には東口商店街を少し進んで路地に入って程なくのところ。
小さな木の一枚看板にちょこんと店名が。

torse 8
急な木製の階段を上がって・・・

torse 7
入口を入ると・・・

torse 5
手前側にオープンな厨房が、奥にちょっと暗めに仕上げた客席。年季の入ったテーブルとシートが電球色とマッチして落ち着いた風合いを出してくれる。
いろいろぐぐるとどうやらここの古材を使っているらしい。

torse 3
今日はおとなしくアルタマリで、ちょいと様子見。
そうこうしている間にも女性がおひとりさまカフェでぷらっと入ってくる姿を見かけた日曜の午後の昼下がり。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:53)

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ