国分寺

2019年06月26日


Suzumeno_tsuno_03

元ネタは中央線沿線ならこの方からの頂きネタ。国分寺の殿ヶ谷戸庭園のさらに東の交差点近くに雰囲気良さげなカフェが出来たということで。しかも波あり電源ありということで、行ける機会が少しあったので立ち寄ってみることに。

場所は国分寺駅南口から東へ歩くこと4,5分ほど、南町2丁目交差の回り込んで南へ入る路地の坂の途中にある…

Suzumeno_tsuno_01

今回はこちら、スズメノツノ、2019年3月30日にopenしたお店である。
お店の左手にはウッドデッキ上のテラス席があり、そちらはワンコ連れが可。

Suzumeno_tsuno_02

お店を入るとusedの家具類で構成されたハコ、右手のキッチン周りには古道具系が配され、テーブル席が14席ほど。

Suzumeno_tsuno_04

そして左手の窓際のカウンター席(5席)の窓下にはコンセントBOXが配され、電源も使用可。

この日は土曜の13時すぎ、ちょうどランチ時の集団のお客さんがごそっと抜けたタイミングに入らせてもらって、今回は時間がなかったので様子見の…

Suzumeno_tsuno_05

コーヒーで、エチオピアをチョイス。続きを読む
Comments(1) |  │   (20:00)

2019年06月08日


元ネタは国分寺北口のコーヒースタンドの店主からの頂きネタ。南口になにやらドーナツとコーヒーのお店が出来るというネタを頂いて、事前偵察をしていたところ、これまたいつもお世話になっておりますこの方からopenしたという報を受けてはいたのだが、なかなか行く機会がなかったところにチャンスが来て攻略。

場所は駅南口から南西方向に伸びる道を進むと程なくの場所にある…

Siunaus_Cafe_01

今回はこちら、Siunaus Cafe(シウナスカフェ)、2018年10月にopenした2Fの焼肉店のカフェである(いきなりネタバレ)。

Siunaus_Cafe_02

入るとすぐ右手にドーナツ類が並べられたカウンターとレジがあり、奥にはフォームドミルクにラテアートを描くripplesが鎮座している。その脇にあるマシンはCIMBALIのM23系列。

Siunaus_Cafe_04

客席は奥に長く手前には幼児向けキッズスペースがあり、その奥に客席が20数席、といった構成。
…ってん?!なぜに掘りごたつ的カウンター席…そして所々テーブルの端には温度調節スライダーがが。

Siunaus_Cafe_05

しかも各テーブルにはこのような蓋が…って焼肉用らしい、というのも営業時間が17:00厳守というのは理由があり、夜は上階の運営元の焼肉店に早変わりする

この日は土曜の16時すぎ、ほぼほぼ滑り込みで選んだのは…

Siunaus_Cafe_06

ストロベリーチョコレートのハートドーナツとカフェラテと。ripplesでアートが描かれているのだが、インクはコーヒー由来ではあるものの塩っぽさが気になる…。続きを読む
Comments(0) |  │   (17:45)

2018年01月15日


この日は大泉学園から所沢経由で国分寺へ。以前から国分寺駅北口のビルの屋上にカフェがあることは聞いていたのだが、基本food重視で夜はフレンチシフトになるためcafe timeに伺えるタイミングを図っていたところ。

場所は西武多摩湖線のちょっと東、コーヒスタンドLから少し北に進んだ新しめのビルに入る…

ienouenocafe_01

イエノウエノカフェ、ビル名や店頭のしつらえからして地主さんのビル&カフェらしくお店は6F(最上階)に有る。

ienouenocafe_02

エレベーターを上って入口は左手回り込んだ裏手に。

ienouenocafe_03

入るとテーブル席が20席ほど、奥の窓際にカウンター席が4,5席ほどあり、左手にキッチンといった構成。窓からは再開発中であり、駅北口高層ビル以外周りにビルが無いことから開けた空が。

ienouenocafe_04

南側には屋上の地の利を生かしてテラスのソファー席が8席ほど。奥では水耕栽培をやっていたりと。

この日は夏の土曜の15時頃、元々空中店舗故に今回ノーゲスト。今回はお茶使いで…

ienouenocafe_05

(確か)オレンジのスムージーを。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:30)

2015年04月13日


# 久々のA面側更新です

この日は国分寺の北の方の界隈のお店を攻略に。まずは中央線、というか西武線沿線にはめっぽう強いこの方からの頂きネタ。国分寺の北の方にアットホームな自家焙煎珈琲店があると。ただし、平日しか営業していない難所…と思いきや、振替で土曜日に営業することを聞きつけたのでそのタイミングに合わせて。

場所は国分寺と恋ヶ窪の間、連雀通りのファミマの前のバス停(向ヶ丘)を降りて南へ歩くこと3,4分ほど、古い銭湯の脇の道を南に下ったところにある住宅地の角の一軒家の軒先に立て看板が置かれている。

と思ったらお店のお子様のお出迎えを受けてしまった(^-^;(そこから入るの。ママー、ママー、お客さんだよ〜)

izumiya_01

今回はこちら、焙煎珈琲 いずみや。あとで気づいたのだが、このお店、例の内装屋さん(K+)物件である。

izumiya_02

お店は入口の扉を開けると左手に地下への階段があり、さらに右手にお店の扉がある。

izumiya_03

入るとほぼ地下のフロアに大きな流木1枚板がテーブルとなったカウンター席が4席ほど、そのハコのこじんまりさから天井スペースを上手く活かした食器棚。よく見ると食器類にfirekingが多めだったりと。

izumiya_04

そして奥にテーブル席が2つほど、カウンター席の端の部分には「月とフクロウ」さんのクッキーが並べられる。

ん?壁面のロゴ?ぬぉ、ここで予想外の波キタ━━━━(・∀・)━━━━!!

さて、今回はお茶使いで…

izumiya_05

恋ヶ窪ブレンドを。ドリップはペーパー、だいぶ大人し目のテイスト。お茶うけにそのクッキーを合わせて。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:00)

2010年08月08日

 今回もtwitter経由で掘り出したネタを、場所は国分寺から1駅、実は国分寺市役所最寄の恋ヶ窪。

koigakubo_cafe_01
駅前の雑居ビルの入口に、どこかで見たようなfonのステッカーがある、こいがくぼのカフェ(そのまんまやないか!)。

koigakubo_cafe_02
地下に下って飲み屋の向かいのいかにも居抜きな場所にこじんまりとあるお店。

koigakubo_cafe_03
店内は元々の体系からか喫茶店の居抜きっぽい雰囲気がかなり伺える。それ以上に結構余裕のある席の配置。

koigakubo_cafe_04
黒板に書かれたメニューもこのあたりはオリジナル。

オーダーはキャッシュオン形式なので、今回は・・・

koigakubo_cafe_05
普通にカレーと・・・

koigakubo_cafe_07
ラテで、って予想を裏切るクオリティの高さ。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (21:49)

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ