波カフェ【23区外京王線沿線】

2018年03月27日


さて、東府中から続いて隣の府中へ。

Orange_boots_01

南口に出来たル・シーニュにはいくつかメジャーチェーンのカフェがあるのだが、唯一ほぼ独立系のお店がその5F 府中市市民活動センター「プラッツ」に入っていると。そのお店とは、そのセンターの東側、カフェランジエリアに入る…

Orange_boots_02

今回はこちら、Orange Boots(オレンジブーツ)。

キッチンとカウンターはセットで島式になっており、カフェエリアの一番中央手前に位置する。基本的にはキャッシュオンのセルフスタイル。

Orange_boots_03

客席はその南側と裏面にあり、南側はローテーブルのソファー席を軸として20数席ほど。

Orange_boots_04

裏側の窓際にカウンター席が14席ほどあり、テーブル面7ヶ所にアース付2口コンセントが備え付けられる。勿論窓からは駅南口を見下ろせる風景が。

この日は土曜の17時近く、お客さんは2割程度の入り。今回は様子見で…

Orange_boots_05

ちゃちゃっとレモネードソーダを。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:15)

2018年03月26日


# 今回は小ネタ

11月初旬の休日、深大寺の新店に寄った後、再び京王線に戻って西へ。向かったのは東府中。

駅北口から北へ少々、旧甲州街道を越えて、甲州街道の手前の角地近くのビルの1Fにある…

cafe_MUSASHIYA_01

cafe MUSASHIYA(カフェ ムサシヤ)。

cafe_MUSASHIYA_02

入ると少々薄暗く南北に長くカウンターが、ドリッパーはカリタウェーブ。

cafe_MUSASHIYA_03

客席は道路側壁面に添ってテーブル席が10席少々。この日は開店して程なくの休日だったこともあり、あっさりとした店内で他に1組ほど。今回は様子見で…

cafe_MUSASHIYA_04

コスタリカとキャロットケーキと。豆は吉祥寺&世田谷代田のLIGHT UP COFFEEさん(全店既訪)ところから。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:15)

2018年03月14日


# 今回は小ネタ
# 10月半ばの京王線シリーズの続き

Mametra_01

先の高幡不動のカフェから続いて、少し戻って聖蹟桜ヶ丘に。川崎街道の南の大栗川沿いにカフェがあるということでそちらに。そのお店とは…

Mametra_02

Mametra(マメトラ)、古着屋&カフェというお店である。カフェはMametra Kitchenと称する模様。

Mametra_03

入ると正面にカウンター席が5席ほどあり、その右手にソファー席が4席ほど。その奥は古着等の物販エリアとなっており、古着屋:カフェが7:3位の構成。

Mametra_04

カウンター脇にはオートサーバーが。

この日は土曜の16時頃、お客さんは他に数名、というのもこの後どうやら取材が入るらしくその準備中だった模様。今回はささっとお茶使いで…

Mametra_05

メイプルのワッフルで。なおキャッシュオンデリバリースタイルを取る。
続きを読む
Comments(0) |  │   (08:15)

2018年01月24日


# 厳密には京王線沿線では無いのですが、稲城市だけで到底カテゴリー持たないので
#便宜的に京王線沿線扱いしています

元ネタは某カフェ大御所の求人情報から、都内ではかなりレアなエリア、川崎市稲城区、もとい稲城市にカフェが出来るということでwktkして待っていると、openしたので朝早くから営業する週末に早速(8月の訪問)。

場所は稲城長沼から南武線で一駅西側へ、まわりになーんにもない矢野口駅。駅から南東側へ少々歩いて川崎街道と鶴川街道の交差角にあるドコモショップのあるビルに入る…

CROSS_COFFEE_01

今回はこちら、CROSS COFFEE(クロスコーヒー)、2017年8月にopenしたサイクルウェアの直営ショップ&カフェである。

入口エントランス数段上がって右手にテラス席が若干、勿論サイクルスタンドも。

CROSS_COFFEE_02

入るとすぐ正面にサイクルウェアの物販エリア、右手一面にカウンターとキッチンがあり、キャッシュオンスタイルを取る。中央にあるマシンはSynessoのCyncraか。

客席は中程から奥にかけて一段下がってテーブル席が20席ほど。南側と物販仕切り部分にカウンター席が10数席と場所に比して比較的大箱なスタイル。

この日は日曜の9時頃、お客さんはやはりチャリダーさんが数組。今回は様子見で…

CROSS_COFFEE_03

カフェラテを、むむ、やるな…。ちなみに豆は堀口。続きを読む
Comments(0) |  │   (20:30)

2017年11月25日


Park_01

元ネタはinstagramでお世話になっているこの方からの頂きネタ。調布、しかも深大寺界隈にカフェがopenすると。あの界隈いかにも観光地カフェがぽつぽつある場所であまり相手にはしていないエリアなのだが、今回のお店はちょっと違うしつらえ。ということで出動。

場所はバスだと調布、つつじヶ丘はおろか、吉祥寺、三鷹からとあちこちから有るが、駅から歩くには厳しい神代植物公園の西側の武蔵境通り沿い、植物公園の駐車場からちょっと北に歩くと突如真っ白いハコの一軒家が現れる。

Park_02

今回はこちら、Park(パーク)、2017年11月3日にopenした生活道具とカフェのお店である。

Park_03

入るとこれまた白いハコ、中央のテーブルにはうつわ等の生活道具が並べられ、正面と左手の棚にもいくつか。

右手やや奥にキッチンがあり、カウンター上のケースにはドーナツが並べられる。

Park_04

カフェは右手(南側)にテーブル席が10席少々とこじんまりとした構成、入口のイメージと同じく清楚な作り。

この日は丁度grand open日の15時前、ご近所さんやオープン祝いに来られたお店の知り合いの方などで家族ワイワイと、といった様子。今回は様子見で…

Park_05

プレーンのドーナツとコーヒーと。豆は前橋の13 COFFEE ROASTERS(未訪)から、ドリップはドーナツドリッパー。続きを読む
Comments(0) |  │   (17:10)

2017年10月25日


# 今回は写真がいくつか入り乱れます…

sarutahiko_chofu_06

この日は調布へ。京王線が地下化してから数年、その跡に商業施設が3つほどでき、そのうちの1つに猿田彦珈琲が入るということを聞いて。
場所はトリエ京王調布のC館、ということは一番西、その1Fの一番西端のテナントに大きく入った…

sarutahiko_chofu_02

今回はこちら、猿田彦珈琲 調布焙煎ホール。

sarutahiko_chofu_09

東西と北東側に入口が有るが、東側から入るとすぐに島式状にレジとバリスタカウンターがが階段状に配され四方からスタッフの動きが見える構成。中央にあるマシンはVictoria ArudinoのVA388 Blackeagle(猿田彦ブルーのカスタムカラー(ラボにもノーマルのblackeagleがもう1台))。また、東側入口入ったすぐ左手脇に豆売のエリアが配される。

そして調布焙煎ホールと銘打った最大の特徴はこれ、

sarutahiko_chofu_08

南側半分に、アトリエ仙川にあった焙煎工房を移転集約し、これまた見える化して超巨大化。

sarutahiko_chofu_10

仕切りにはパネルを設置してそれぞれの行程の説明書きが付加されている。

客席は上下逆L字状に60席程度の大箱(配置は1枚目の写真参照)、猿田彦珈琲の他店とは異なり、1フロアにソファーベンチ席多めのゆったり目の配置。またバリスタカウンター(キッチン)裏手にカウンター席が10席ほどといった構成。

この日はopenしてから3週間ほど経った土曜の14時過ぎ、お客さんは8割程度の入りでかろうじてカウンター席が空いている程度。今回はこちらで…

sarutahiko_chofu_03

フツーにカフェラテを。続きを読む
Comments(0) |  │   (23:35)

2017年09月27日


元ネタはinstagramでお世話になっているこの方からの頂きネタ。調布のカフェはいくつか個人店舗が散発的にあるのだが、今回はなんと南端、多摩川住宅になにやら良さ気なカフェがあると。場所が場所ということもあり気になったので、朝から営業しているということもあり行ってみることに。

場所は団地マニアでは静かに有名な給水塔を多数持つ東京都住宅供給公社の多摩川住宅のど真ん中にある解体目前のロ-16号棟、その道を挟んで北側にある仮設店舗の1つに、水色の木枠の引き戸のお店が1軒…、

haco_01

今回はこちら、音楽教室と喫茶 箱音楽教室のテナントにカフェを追加して2017年6月にopenしたお店である。

haco_02

入ると、おおっ、全席カリモク60なチェア。板張りの床に右手が裸電球を落とし、水の流れるカウンター席4席と、左手にテーブル席が10席ほどと余裕のあるフロア。観葉植物が配され、入口窓際には草花が生けられたりと。

haco_03

正面右手奥にレジとキッチンがあり、正面突き当りの左奥の部屋が音楽教室となっている様子。

この日は盆休み後半土曜の11時前、お客さんは流石にノーゲスト…(って後から偶然Ochi部長登場w)。今回は様子見で…

haco_04

やっぱり夏らしくクリームソーダを。続きを読む
Comments(0) |  │   (23:35)

2016年11月11日


先の西国分寺のお店からこの日は国立界隈の攻略だったのだが、この週は国立界隈総出のイベントがあったらしく、そちらにお目当てのお店が出店しておりことごとく休みという憂き目に…(´・ω・`)

仕方なく府中まで引き上げている最中に思い出したのがこちら、元ネタはやっぱりこの方からの頂きネタ、府中に「手網焙煎の」自家焙煎珈琲店があるとのこと。最寄り駅は分倍河原だが、駅から歩くと7,8分はある距離。甲州街道の美好町二丁目交差の北側の通りにある商店の並びの1軒に入る…

COFFEE_baisensha_01

今回はこちら、珈琲焙煎舎

COFFEE_baisensha_02

入ると若干焦げの入った焙煎の香りとともにいきなりラスカルのぬいぐるみがお出迎え、左手にテーブル席が8席ほど、右手の棚の上に豆が10種類ほど並ぶ。奥にカウンターが有り、さらに奥のキッチンで店主が焙煎するスタイル。

この日は日曜の15時過ぎ、お客さんは常連さんが1人で珈琲談義をワイワイと。今回は様子見で…

COFFEE_baisensha_03

焙煎舎ブレンドを。直火故に手網焙煎特有の?焦げ感みたいなものかあるような無いような。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:10)

2016年08月08日


元ネタはいつもお世話になっております、もうすぐ名球会ならぬ名カフェ会入り目前の中央線沿線のカフェの鬼な方からの頂きネタ。京王線沿線、とりわけマイナーな駅にカフェが出来たとのこと。余裕の射程圏内ということもあり、早速行ってみることに。

CAFE_MIDIPILE_TOKYO_01

最寄り駅は調布の1つ西、西調布。駅北口からひょろひょろっと旧甲州街道に通じる呑み屋街(西調布一番街)の北の端の方に、店内が濃青と赤のツートンのカラーリングのお店が。旧甲州街道側から見ると通りに立て看板が。

CAFE_MIDIPILE_TOKYO_02

今回はこちら、cafe MIDIPILE Tokyo(カフェ・ミディピル・トーキョー)、2016年5月にopenしたカフェである。

おおー、入口にFREESPOTのステッカーが。

CAFE_MIDIPILE_TOKYO_03

入ると右手の壁面にそってテーブル席が7席ほど、カウンター席が4席ほどといったこじんまりとした構成。開店してほどなくということもあり、ちょいと塗料の香りが…(^-^; というのもこのカラーリング、店主がFC東京のファンだからなそう(調布経済新聞より)。

CAFE_MIDIPILE_TOKYO_04

カウンター上にはBONMACのサイフォンヒーターにサイフォンが。そして店主が手際良くコーヒーを淹れていく。

この日は平日の19時過ぎ、お客さんはノーゲストで後にプラっと1組追加、というところで今回は…

CAFE_MIDIPILE_TOKYO_05

ふつーにコーヒーを。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:05)

2016年07月24日

元ネタはtwitter方面から。京王線沿線に新店が出来るとのことで、聞いてみると場所は府中でもマニアックな駅。多磨霊園。プレオープンが始まったということで早速。 場所は駅南口を出て南へ下る商店街の途中にある白いファザードの商店… FLAT_STAND_01
今回はこちら、FLAT STAND(フラットスタンド)、(多分その前店があると思われるが)元パチンコ景品交換所をリノベした、レインボー倉庫等を手がけるT-Plaster施工&プロデュースのカフェである。 FLAT_STAND_02
入ると白い壁面に端材を多用したT-Plaster系らしいハコ。1F左右にカウンター席があり、コンセントBOXが3ヶ所ほど。右手奥にカウンターが有り、キャッシュオンデリバリースタイルを取る。 そして左手の階段を上がって2Fへ。 FLAT_STAND_03
2Fはまんま古商店の天井を抜いたハコ、こちらも端材を多用した家具類が並べられ、全体で20席弱はあろうか、奥の窓からは商店街の風景が。 この日は平日の19時頃、お客さんは1Fに数名といったところで、今回は様子見で… FLAT_STAND_04
深蒸し茶を。エアロプレスで入れるスタイル。続きを読む
 │   (08:20)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ