波カフェ【奈良県】

2017年02月06日


# 年末の京奈ラリーシリーズはこれで最後です…
# 今回は小ネタ

さて、先のとりみ通りのお店から近鉄線脇の某庄屋移築な和菓子店Mに行ったところ、お茶は年末年始おやすみと…(´・ω・`)

仕方がないので再び富雄駅近くに戻ってちょっと気になっていたお店を。場所は駅南口のロータリーへの入口角にあるビルに入る…

Cafe_motomachi_01

今回はこちら、Cafe 元町(カフェモトマチ)。

(店内撮影許可が降りなかったので拙い説明で)お店自体は2Fの奥のテナントにあり、入口入ると正面すぐにレジ。左手(通り側)南半分が客席になっており、ベンチシートを含む10席ほど。そして一番奥と北側キッチン前のカウンターが6席といった割とコンパクトに纏まった構成。ちなみに奥のカウンター席は壁面とテーブル下にコンセント(2口×2)があり、使用可能。

キッチンの一番奥にフジローヤルらしき小型焙煎機があり、エスプレッソマシンはLA NUOVA ERACUADRA

この日は年末の15時頃、お客さんは今回ノーゲスト、様子見で頂いたのは…、元町(?)ブレンドを。ドリップはHARIO、だいぶ大人し目に淹れられてる様子。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (07:30)

2016年10月13日


Hygge_01

元ネタは県域タウン誌から。生駒の北の方、山麓の住宅地にカフェがあるとのこと。しかしながら日曜定休+早めの17時閉店と営業時間でなかなか折り合いがつかず、今回盆期間中も営業するということなのでこのタイミングに合わせて訪問。

先の神戸のコーヒースタンドから1店間を挟んで一気に阪神なんば線を経由して生駒まで。駅北口を出て住宅地の急坂を登ったり下ったり歩くこと10数分、生駒山の山麓に点在する住宅地の合間の谷を登っていくと、奥の方に庭と斜面が丁寧に手入れされた一軒家が現れる。

Hygge_02

今回はこちら、Hygge(ヒュッゲ)、地元ではそれなりに有名なカフェである。入口は左手の階段を上がって庭を回り込んだ斜面側に。

Hygge_05

入るといきなりわんこ(グレートピレニーズ:くるみちゃん)がお出迎え。というのも夏の暑い日で丁度冷房の効いているお店で涼んでいるところ。

Hygge_03

店内は板張りの床にテーブル席が12席ほど、奥にソファー席が4席1組といった構成。ソファー席脇には暖炉があり、左手奥にキッチン、とさながら店名どおり山小屋を感じさせる店内。

この日は盆休みの土曜日の16時頃、ほぼL/O滑り込み、住宅地ということもありお客さんはノーゲスト。今回は待ち時間にわんこと存分にもふもふさせてもらって、後にお茶使いで…

Hygge_06

マンゴースムージーとスコーンと。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:15)

2016年06月21日


さて、この日の最後は地元に戻って、以前訪問したお店がリニューアルした、という話を聞きつけて。

場所は西大和ニュータウンの西端にある…

NANATSUMORI_01

nanatsumori(ナナツモリ 1回目)。

NANATSUMORI_02

リニューアル後は西側のキッチンと客席の壁が取り払われてオープンになり、キッチン前にカウンター席が8席ほど、大テーブル席が中央に配されかなり広々とした空間に。

NANATSUMORI_04

2Fは変わらずフォトギャラリーとスタジオなのだが、一部は客席にも転用できるように座席が配される、というか席数が強化された様子。

この日は平日の16時半前、L/O直前で滑り込みセーフ。今回は…、お、メニューに何やら気になるものが。ということでオーダーしたのが…

NANATSUMORI_05

パフェ「レモン座」。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:45)

2015年09月27日


coffee_sanpo_01

先のお店から、今度はかねてから代々木八幡と代々木上原の間のコーヒー店のオーナーから。奈良の明日香村に知り合いがコーヒーショップをopenしたと聞いたのは数年前。場所柄なかなか行けずに居たのだが、やっとの事で機会が訪れたのでこの際に。

先のお店から西へ少し、明日香村役場の道を挟んで北側にあるガラス細工のお店と同居する一軒家が。

coffee_sanpo_02

今回はこちら、珈琲さんぽ

coffee_sanpo_04

入るとすぐにレジがあり、その右手の焙煎室内に赤い焙煎機が。客席は左手から奥にかけてベンチシートを含めた12席ほどのハコ。一番北側(奥)の窓からは飛鳥の緑々しい長閑な風景が。晴れている気候の良い日にはテラス席も設置される。

coffee_sanpo_03

レジ裏手にキッチンがあり、カウンター手前にはKONOのドリッパー等コーヒー器具が。

この日はお盆過ぎの平日15時頃、お客さんは3人ほどでマターリとしたお茶時。今回は様子見で…

coffee_sanpo_05

さんぽブレンドを。かなり軽めの酸味系、ドリップはハリオかKONOのペーパー。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (11:40)

2014年09月01日


IMG_8419_2

この日は奈良の南の方、十津川までドライブ。途中もうすぐ路線バスが通らなくなる未成線跡を横目にしつつ、2011年の大水害の傷跡が未だ生々しい酷道168号線を下ること3時間ほど、着いたのは十津川村の(それでも)北の端の谷瀬。

spruce_03

昼は谷瀬の吊り橋の近所でということに相成ったので、どこか適当な…と思いついたのがこちら。

場所はR168の上野地トンネル手前から谷瀬の吊り橋脇に入る旧道を入って程なく、十津川の崖線沿いに建つ一軒のログハウス。

spruce_01

今回はこちら、spruce(スプルース)。

spruce_02

入るとログハウスらしいハコは客席部分の天井が吹き抜けになっており、テーブル席がだいたい20席強ほど。右手奥(写真の正面奥)がキッチンとなっている。

そしてキッチン前のカウンターから外にでると…

spruce_04

谷瀬の吊り橋を見下ろす絶景のウッドデッキなテラス席が10数席ほど。

spruce_05

ちょうど見通しが利くということもあり、NHKのお天気カメラが半ば常設化されている(おそらく設置されたのは2011年のあの頃と思慮)。

さて、今回はランチ使いで…

spruce_06

サンドセットを。

---
さて、問題の波なのだが、大塔の道の駅でCATV-WiFiな波があったのでなんとなく察していたのだが、調べてみると…ぬぉ、CATVなPremiumでない庭波があるー、予想外の掘り出しモノキタ━━━━(・∀・)━━━━!!続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (21:30)

2014年01月16日


#現店舗は2015年5月末まで、移転先は西大寺で7月9日にopenしました(移転後も訪問済)。

 さて、奈良から実家に戻る途中、時間があれば奈良に行く前に寄ろうとしていたお店へ。

 場所は奈良市の西、富雄。そこからとりみ大通を西へ歩くこと3,4分ほど、ゆるい坂の途中にちょこんと立て看板の出ているお店が有る。

Bar_Cauda_01

今回はこちら、Bar Cauda(バール カウダ)。

Bar_Cauda_02

入るとすぐにレジがあり、そのとなりにカウンター席が5席ほど。真ん中の通路を通って奥にテーブル席が4つ。奥の階段を上がると2Fに6席ほどといった意外とこじんまりとした構成。カウンター上は吹き抜けとなっている。

Bar_Cauda_03

カウンターには3つのサイフォン器具を中心に、ペーパードリップの器具だったり、豆の瓶だったりと整然と並ぶ。
奥にあるマシンはELEKTRASIXTIES T3あたりか。

そんなサイフォンの青白い炎がよく映える薄暗目のカウンターで店主がせっせとサイフォンドリップをこなして行かれるのを眺めつつ、

さて、今回チョイスしたのは…

Bar_Cauda_05

カプチーノを。きれいなフォーミング。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:25)

2014年01月10日


先の高畑町のお店から奈良中心部に戻って、小西町の奥の方にあるラテアートがそれなりに出来るお店を探したのだが…、どうしても入口が見つからない。てことでウロウロと迷っているうちにとあるお店に入ることに。

場所は近鉄奈良駅から南へ、小西町の商店街の中ほどの奥に長いテナントの奥の方に中庭っぽい場所の脇にあるお店…

mellow_cafe_01

今回はこちら、mellow cafe(メロー カフェ)。

mellow_cafe_02

入るとテラコッタ壁面から続くエスニック風の店内に70席ほどのテーブル席といった大箱。正面奥にバーカウンターがあり、その右手のガラス張りの中にはピザ用の大きな釜が鎮座する。

この日は近所のお寺や神社の初詣帰りと思しきお客さんでほぼイパーイな状況。そんなわけで賑やかではあったが夜になるに連れポツポツと人が減っていく。

さて、今回は流石に初っ端から動きすぎたので、様子見でおとなしく…

mellow_cafe_03

何故かマンゴーラッシーを。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:20)

2013年01月28日


さて、先のお店から続いて、奈良の波カフェをごそごそ探しているといくつか波のあるお店が。そのうちの1つを。

先のお店から猿沢池方面へ少し上ったところ、家と家との間に細ーぃ奥へ続く路地が有る。
keishiro_01

今回はこちら、Antique風房 憲志郎。お店自体はこの奥に左右2軒の町家が有り、左手側がカフェとなる(右手は雑貨店のよう)。

keishiro_02

引き戸をガラガラ〜と開けるとスイーツの入ったガラスケースが玄関でお出迎え。ふつーの一軒家をほぼそのまま使ったお店は、1F左手奥が喫煙フロアとキッチンになっており、客席へはこの板間に古道具ごった煮的様子の玄関で靴を脱いで入る。そして今回は正面の階段を2Fへ。

keishiro_03

2Fは上がると二間をまるまる引き戸を取っ払ったような広い空間。だいたい15人ほど入れるか、畳間に座布団とちゃぶ台が置いてある。端には何やら値札の着いた古道具いくつか、ははーん、これはアレやな…。

今回は奥の席に座らせてもらって…
keishiro_04

大和茶のミルクティ、と言ってもたぶんほうじ茶。でもこのテのミルクティはありだよな。
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:59)

2011年01月23日

# 関西ラリーシリーズ3日目(最終日)

 この日は朝から実家近所のお店に、なぜか奈良市内以上に波カフェの密度が「異様に」高い斑鳩町。独立系だけで(おそらく)3つあるのだが、そのうちの1つを。

atorika_01

国道沿いのスーパーの脇道にあるお店、cafe Atorika(カフェアトリカ)。出で立ちは極普通のカフェである。

atorika_02

こじんまりとした店内に卒なくまとめられた店内。地元のWEBデザイン会社が11月にひっそりと開店したばかりのこともあり、まだまだ節々に新しさが残る。

atorika_03

てことで今回はモーニングを、と行きたかったところだが普通にカフェオレを。
続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:49)

2009年10月12日

# ちょいと実家帰省時の波カフェが予想以上にたまっているのでしばらく関西編続きます

 さて、実家に帰ってきて翌朝、ちょいと原チャリ飛ばして法隆寺駅まで。奈良では(県内全域で)チェーン店系意外はほぼ皆無という中で数少ない波カフェがよりによって実家近所の駅にできたということで。

shukra 01
 場所は駅の南口、かつては軽便鉄道の廃線跡(ってこのあたり影も形も無いんだが・・・)の脇に比較的新しい雑居ビルの1Fに入るお店。ちょっと一歩集落より離れれば田圃〜な地域の古都には似つかわしくない(失礼)風情である。

shukra 04
店内は格子状の棚から採光を取り入れ、比較的落ち着いた雰囲気。結構トイレも凝っている。

shukra 06
朝ということもあり、今回はラテでちょいと様子見・・・。ちなみに豆はilly。BGMは踏切と電車の音か。

ってオーナー(ご婦人)と町内の話をうだうだしているうちに手製ジャムのサンプルを持ってきてくれた、なにやら試食してほしいと。まぁ、このあたりはそれなりに果物は採れるので、そんなのもありかなぁ・・・と。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(1) │   (00:54)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ