波カフェ【小金井市〜立川市】

2020年10月26日


# 今回は複数日訪問

先の立川のカフェの後、グリーンスプリングスの中庭にあるコーヒースタンドに行ったのだが、ほぼ芋洗い状態でささっと済ませただけ、だったのでとある日の平日に改めて。

GOOD_SOUND_COFFEE_ta_01

そのお店とは、グリーンスプリングスの中庭のやや南側に独立して存在する店舗…

GOOD_SOUND_COFFEE_ta_02

今回はこちら、GOOD SOUND COFFEE 立川店(グッドサウンドコーヒー)、元はこの店の東向にあるgood spoon pizzeria & cheeseと同系列(運営会社はカームデザイン)のコーヒースタンドである。

GOOD_SOUND_COFFEE_ta_03

東側の入口入ると正面右手にレジとマフィン等が入ったデリケースのカウンター、左手にSynessoのMVP Hydraが鎮座する。

客席は基本的に店内は皆無でその北側にテラス席として20席ほどあり、うち10席ほどの大テーブル席が入口脇に、といった構成。

2度目の訪問は朝の9時頃、朝の通勤も一通り終わったこともありお客さんは1人だけ。今回はお茶使いで…

GOOD_SOUND_COFFEE_ta_04

アイスのカフェラテを。豆は関西なら定番の小川珈琲から。続きを読む
Comments(0) |  │   (18:30)

2020年10月25日


# 7月下旬の話

 この日は日曜に立川へ、多分激混みとわかっていながらもイケアに向かう多摩モノレールの下を北へ上って春にopenした立飛のヤギが居た空き地にできたGREEN SPRINGSに向かうことに。

 まずはその北端、イケアとの道向にあるTACHIKAWA STAGE GARDENに入る…

NORTH_LINK_coffee_and_tea_01

今回はこちら、NORTH LINK Coffee&Tea Tachikawa Stage Garden(ノースリンク コーヒーアンドティー 立川ステージガーデン)。

お店自体は南北に細長く、若干のテラス席を設ける。

NORTH_LINK_coffee_and_tea_02

入ると早速レジとデリケースがあり、キャッシュオンスタイルをとる。その手前にカウンター席や大テーブル席が20席ほどあり、オーダー品を受け取ってから今回は2Fへ。

NORTH_LINK_coffee_and_tea_05

2Fも南北に細長くフロアがあり、東側(窓側)はズラッとカウンター席が20席ほど。西側にテーブル席がこれまた20席ほどといった構成。また、家具のショールーム的な要素も兼ねる。そして窓の向こうは、もちろん上に多摩モノレールが行き交う。

この日は15時近く、お客さんはほぼ満席、というかカウンター席は電源目当てのノマド&勉強客でほぼ埋め尽くされた店内。今回は様子見で…

NORTH_LINK_coffee_and_tea_03

ふつーにアイスコーヒーを。豆は首都圏では非常に珍しい、札幌の有名店、森彦(未訪)から。続きを読む
Comments(0) |  │   (16:50)

2019年10月09日


# 6月の話

この日は立川界隈に用があった帰り、ちょいと駅近でお茶することに。以前から目をつけていたFe分高いカフェがあったなぁ、と思い出しつつ西口へ。

場所はJR駅西口でてすぐ正面の南北ペデストリアンデッキ向かいにある…

STATION_CAFE_BASEL_01

STATION CAFE BASEL(ステーションカフェ バーゼル)、元は京王八王子のカフェの系列店である(山中湖のペーパームーン(未訪)も同系列)。

STATION_CAFE_BASEL_02

入ると洋菓子販売の物販エリアと同居しており、左手側がカフェで奥に大きく広がる。

STATION_CAFE_BASEL_03

主にテーブル席メインの60席ほどのハコ、大半がテーブル席であるが、入口入った南東端に円卓のカウンター席が8席ほど。どうやら屋上テラスがあるようなのだが、この日は雨上がりだったということもあり閉鎖中。

そしてお目当ての…

STATION_CAFE_BASEL_04

このFe分高いview。脇からニョロっと多摩モノレールが上を駆け抜けていく(ちなみに中央線、青梅線はデッキ部が長くほとんど見えない…(´・ω・`))。

この日は平日の17時時頃、お客さんは2,3組ほど。今回は様子見で…

STATION_CAFE_BASEL_05

ふつーにアイスティーを。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:30)

2019年06月26日


Suzumeno_tsuno_03

元ネタは中央線沿線ならこの方からの頂きネタ。国分寺の殿ヶ谷戸庭園のさらに東の交差点近くに雰囲気良さげなカフェが出来たということで。しかも波あり電源ありということで、行ける機会が少しあったので立ち寄ってみることに。

場所は国分寺駅南口から東へ歩くこと4,5分ほど、南町2丁目交差の回り込んで南へ入る路地の坂の途中にある…

Suzumeno_tsuno_01

今回はこちら、スズメノツノ、2019年3月30日にopenしたお店である。
お店の左手にはウッドデッキ上のテラス席があり、そちらはワンコ連れが可。

Suzumeno_tsuno_02

お店を入るとusedの家具類で構成されたハコ、右手のキッチン周りには古道具系が配され、テーブル席が14席ほど。

Suzumeno_tsuno_04

そして左手の窓際のカウンター席(5席)の窓下にはコンセントBOXが配され、電源も使用可。

この日は土曜の13時すぎ、ちょうどランチ時の集団のお客さんがごそっと抜けたタイミングに入らせてもらって、今回は時間がなかったので様子見の…

Suzumeno_tsuno_05

コーヒーで、エチオピアをチョイス。続きを読む
Comments(1) |  │   (20:00)

2019年06月08日


元ネタは国分寺北口のコーヒースタンドの店主からの頂きネタ。南口になにやらドーナツとコーヒーのお店が出来るというネタを頂いて、事前偵察をしていたところ、これまたいつもお世話になっておりますこの方からopenしたという報を受けてはいたのだが、なかなか行く機会がなかったところにチャンスが来て攻略。

場所は駅南口から南西方向に伸びる道を進むと程なくの場所にある…

Siunaus_Cafe_01

今回はこちら、Siunaus Cafe(シウナスカフェ)、2018年10月にopenした2Fの焼肉店のカフェである(いきなりネタバレ)。

Siunaus_Cafe_02

入るとすぐ右手にドーナツ類が並べられたカウンターとレジがあり、奥にはフォームドミルクにラテアートを描くripplesが鎮座している。その脇にあるマシンはCIMBALIのM23系列。

Siunaus_Cafe_04

客席は奥に長く手前には幼児向けキッズスペースがあり、その奥に客席が20数席、といった構成。
…ってん?!なぜに掘りごたつ的カウンター席…そして所々テーブルの端には温度調節スライダーがが。

Siunaus_Cafe_05

しかも各テーブルにはこのような蓋が…って焼肉用らしい、というのも営業時間が17:00厳守というのは理由があり、夜は上階の運営元の焼肉店に早変わりする

この日は土曜の16時すぎ、ほぼほぼ滑り込みで選んだのは…

Siunaus_Cafe_06

ストロベリーチョコレートのハートドーナツとカフェラテと。ripplesでアートが描かれているのだが、インクはコーヒー由来ではあるものの塩っぽさが気になる…。続きを読む
Comments(0) |  │   (17:45)

2019年02月13日


年始の週末、国分寺から立川へ空いてそうなお店に向かうことに。元ネタはinstagramのフォロワーさんから。猿田彦珈琲が立川に進出したということで、この機会に。

最寄りは多摩モノレールの立川北だが、場所はJRの北口からペデストリアンデッキを北口からひたすら北へ伊勢丹脇を抜けて立川眦膕S.C.の2F東側に入る…

sarutahiko_tachikawa_01

今回はこちら、http://sarutahiko.co/" target="_blank" title="">猿田彦珈琲のhttp://sarutahiko.co/shop/" target="_blank" title="">立川高島屋S.C.店、2018年12月19日にopenしたお店である。

手前の木枠ケースに自店のコーヒー豆袋等がディスプレイされており、試飲のポット台も兼ねている。

sarutahiko_tachikawa_03

入るとすぐ正面に左右に長いカウンターとオープンキッチン、トリエ調布店(既訪)と似たようなスタイルをとり、こちらもキャッシュオンデリバリーで左手にレジがある。

そして中央にはエスプレッソマシン、おそらく日本初導入であろうSANREMOOPERA 2.0

sarutahiko_tachikawa_04

客席はオープンキッチンの後方にカウンター席が10数席あり、右手窓際から奥にかけてテーブル席が20数席ほどの構成。カウンター席は全体的に薄暗く、テーブル上だけが明るく照らされるハコ。

この日は正月休みの最後の土曜日の15時近く、ほぼ満席状態で時々カウンター席が空く程度。今回はお茶使い+小腹が空いたので…

sarutahiko_tachikawa_05

ホットサンドとカフェラテと。こちらもエスプレッソ系は2種類の豆から選べ、例によってふつーのほうを。続きを読む
Comments(0) |  │   (22:05)

2018年01月21日


# まだまだ2017年8月の話が続きます…

大泉学園→国分寺→立川と来てこの日最後は西国立へ。先の立川の老舗カフェ喫茶から南東へまっすぐ続く道を進むと南武線の西国立駅前の踏切に。そして踏切を渡ってその少し東に出た所にある珈琲店に。そのお店とは…

PORTERS_COFFEE_01

PORTERS COFFEE(ポーターズコーヒー)、西国立といってもここは立川市、な場所にある自家焙煎珈琲店である。元ネタは、この界隈ならもちろん、この方から。

PORTERS_COFFEE_02

入ると東西に長いハコ、東側の入口脇にレジがあり、北側一面にキッチン前のカウンター席が5席ほど、しかしそれ以上に目に引くのは小さなお店でも全席コンセント設置。左手奥に富士ローヤルのCOFFEE DISCOVERYが。

PORTERS_COFFEE_03

テーブル席は南側窓際4席と西側奥まったところにも4席といった構成、こちらにも手抜かりなくコンセントがある充実っぷり。

この日は8月上旬の土曜の17時過ぎ、お客さんは2,3人ほどで丁度出て行かれた。今回は様子見で、というよりは錦町から延々歩いてきたのでやっぱり…

PORTERS_COFFEE_04

アイスコーヒーに転ぶなど、しかもコロンビアのデカフェ。
(実は例の件で一時期休んでから以降、デカフェは時々折を見て頂くようにしている)続きを読む
Comments(0) |  │   (23:15)

2018年01月15日


この日は大泉学園から所沢経由で国分寺へ。以前から国分寺駅北口のビルの屋上にカフェがあることは聞いていたのだが、基本food重視で夜はフレンチシフトになるためcafe timeに伺えるタイミングを図っていたところ。

場所は西武多摩湖線のちょっと東、コーヒスタンドLから少し北に進んだ新しめのビルに入る…

ienouenocafe_01

イエノウエノカフェ、ビル名や店頭のしつらえからして地主さんのビル&カフェらしくお店は6F(最上階)に有る。

ienouenocafe_02

エレベーターを上って入口は左手回り込んだ裏手に。

ienouenocafe_03

入るとテーブル席が20席ほど、奥の窓際にカウンター席が4,5席ほどあり、左手にキッチンといった構成。窓からは再開発中であり、駅北口高層ビル以外周りにビルが無いことから開けた空が。

ienouenocafe_04

南側には屋上の地の利を生かしてテラスのソファー席が8席ほど。奥では水耕栽培をやっていたりと。

この日は夏の土曜の15時頃、元々空中店舗故に今回ノーゲスト。今回はお茶使いで…

ienouenocafe_05

(確か)オレンジのスムージーを。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:30)

2017年01月06日


元ネタはやっぱり多摩地区カフェの鬼な方と、武蔵境のコーヒースタンドNの店主からの頂きネタ。中央線沿線ではいつまでたっても再開発が終わらない超地味な駅から、今やスタバが出来るまで上り詰めた駅、東小金井の北西の方にカフェが出来たと。事前に波あり報も受けていたので機会を伺って。

場所は東小金井の北西側、丁度コメダ珈琲がある交差点の対面の地元系書店(大洋堂書店)。その中に入る…

Ocio_Healing_space_and_cafe_01

今回はこちら、ocio Healing space&Cafe(オシオ ヒーリングスペースアンドカフェ)、2016年10月にopenした書店併設のカフェである。

入口は書店と共通、入るとすぐ左脇にカウンター席が3席ほど。

Ocio_Healing_space_and_cafe_02

右手に書店のレジがあるのだが、その脇にカフェのレジカウンターがあり、その脇には小さなマフィン等が並べられる。下の棚には熊谷のホシカワカフェ(未訪)のコーヒー豆の袋が。

書店の店頭に立つのは、そう、Cafeの店主の親父さんらしい。

Ocio_Healing_space_and_cafe_03

そしてカフェのスペースは正面奥にあり、観葉植物多めの区画に10席ほど。右手奥のバリスタカウンターにあるマシンはSIMONELLIのAppiaか。扉の奥は店名のとおりHealing spaceとなる模様。

この日は土曜の14時過ぎ、地元のお客さんがちょこちょこと訪れる風景。今回は様子見で…

Ocio_Healing_space_and_cafe_04

カフェラテをとバナナマフィンを。マフィンはすべてプチサイズ。豆は深煎りを別途(古河の?)ほろにがさんから調達されているらしい。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:20)

2015年12月20日


元ネタはいつもお世話になっております中央線のカフェサルベージャー氏からの頂きネタ。国立に最近流行りの郊外大型喫茶店の1グループの1店が開店したと。今回は個人的にも初なのでちょいとどんな感じか見てみることに。

場所は国立駅から大学通りを南下、モスを過ぎて左手にあるポポロショッピングセンター、その2Fに入る…

takakuramachi_coffee_ku_01

今回はこちら、高倉町珈琲国立店。元々高倉町珈琲というのはすかいらーくの創設者が運営する喫茶店チェーンである(なので、すかいらーく系列のむさしの森珈琲とは資本的に無関係の模様)。

takakuramachi_coffee_ku_02

2Fの入口を入ると正面すぐにレジがあり、左右にドドーンとローテーブル席を中心とした大箱、むさしの森珈琲ほどの窮屈さは無く、比較的目の届きやすいフロアの仕切り方をしている。それにしても、2Fだけでも5,60席程度はあるものと思われる。キッチンは入口入って左手奥の模様。

これだけでも十分広いのに、3Fにも…

takakuramachi_coffee_ku_03

このような席に。ただし夜はどうやら閉鎖する模様。

この日は平日の20時頃、お客さんは2,3組程度と超ガラガラ状態。今回は様子見で…

takakuramachi_coffee_ku_04

高倉町ブレンドを。デフォでお茶請けが付いてくるのはコメダぐらいか、この辺は「◯」。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:05)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ