波カフェ【新宿区その他】

2021年03月15日


# 10月の話

この日は平日夕方に早稲田へ、通り沿いに中央線界隈で展開する自家焙煎珈琲店の新店ができたということで早速。

場所は東西線の早稲田駅、東側の出口を出ると通り向かいにあるビルに入る…

coffee_ya_wa_01

珈琲やの早稲田工房。2020年10月1日にopenした珈琲店である。ん?看板には「wave zero coffee」とあるのは…?

coffee_ya_wa_02

入ると左手すぐにレジが有り、その奥にこの系列お約束である直火焙煎の煎っ太郎が3,4台並ぶ。本店はコレの猛煙で店内が煙るほどだが、かなり強力に排気するようにしている様子。

客席は正面奥から左手キッチンの外回りにテーブル席が16席ほど。

coffee_ya_wa_03

そして奥の壁面は一面棚となっており、珈琲豆を入れた瓶がずらりと。

この日はopen日の18時頃、お客さんは他に2組ほど。今回は様子見で…

coffee_ya_wa_04

ふつーにブレンド、レギュラーサイズを、実はLでも同じお値段。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:30)

2020年09月23日


# 6月中旬の話

 元ネタはinstagram方面から。新大久保の南の方、職安通りに近いエリアにコーヒーがそこそこイケそうなカフェがあることを確認。営業時間も比較的長めなのでちょいと平日に行ってみることに。

 最寄りは大久保の山手線の内側、大久保通りと職安通りの間のいわゆるラブホ街エリア、駅からはちょうど新大久保駅も大久保駅の南口と西武新宿駅の北口からも似たような距離。以前某アトリエカフェがあった少し北に、門構として平屋建物があるホテルに入る…

Cen_Cafe_01

今回はこちら、Cen Cafe(センカフェ)。ダイバシティホテル(HOTEL Cen)としてのカフェである。

Cen_Cafe_03

入口は敷地の入口入って左手回り込んだところにある。内側の中庭にソファー席がデデーンと多数。建物側にはおそらくイベント用の(グリル?)カウンターが準備されている。

Cen_Cafe_02

カフェの屋内部は南北に長く、北側にカウンターとガラスケースとレジがあり、脇にあるマシンはLA MARZOCCOLinea Classicの1連。キャッシュオンスタイルをとり、南側にテーブル席が12席、西側の壁面にコンセント付(各2口)のカウンター席が4席といった構成。東側の壁面は鏡としており、狭さを極力感じさせないようとしているように思える。

この日は平日の18時過ぎ、ちょうど雨上がりだったこともあり、お客さんはテラスに1組。今回は様子見で…

Cen_Cafe_04

カフェラテを。大久保のカフェとしては意外にも豆は(現在仮店舗移転中)大田区南六郷のBUCKLE COFFEEさん(既訪)から。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:40)

2020年03月05日


元ネタはinstagramから。渋谷と新宿三丁目に店舗を持つオーナーバリスタ氏が四谷三丁目で新店舗の工事を始められた話を聞いたのは2019年の初秋のこと。場所も特定して、pre-open時に訪問させてもらった後に改めて12月に訪問。

ALL_SEASONS_COFFEE_43_01

場所は四谷三丁目交差から程なく、靖国通り沿いにあるビルの2Fに入る…

ALL_SEASONS_COFFEE_43_02

今回はこちら、2019年11月末にopenした4/4 SEASONS COFFEE(オールシーズンズコーヒー)の四谷三丁目店。

ALL_SEASONS_COFFEE_43_03

入ると南北に細長〜いハコ。正面に自家焙煎の豆パッケージでお出迎えを受け、右手にレジとsweets類が並べられたガラスケースが鎮座する。オーダーはキャッシュオンデリバリースタイル。

客席は北側がそこから奥にかけてカウンター席が6席、壁面脇のテーブル席3組と入口側の角にベンチ席が3席ほど。

ALL_SEASONS_COFFEE_43_04

入口から南半分は4人がけテーブル席×2、そして通り側の窓際にカウンター席が4つと、ほっといてくれる座席構成。このへんの足元3ヶ所ほどにコンセントがあり借用可能。

この日は12月上旬の19時過ぎ、今回はちょいとお茶使いで…

ALL_SEASONS_COFFEE_43_05

カフェラテとティラミスと。続きを読む
Comments(0) |  │   (19:40)

2019年12月11日


# 今回は小ネタ

最近の旺盛なインバウンド向けホテル需要に応えて様々な形でホテルが出来ているところだが、新宿御苑前の古めのマンションがホテルとなって1FにBOOK CAFEを併設していると。

場所は丸ノ内線の新宿御苑前駅から少し北東に入った花園商店街沿いの角地にあるBOOKTEABED SHINJUKU-GYOEN、その1Fに入る…

BTB_cafe_01

BTB cafe(Book Tea Bed)(ブックティーベッドカフェ) 、入口は右手の階段を降りてすぐ左。

BTB_cafe_02

小さなフロントを過ぎて奥に入ると右手(東側)に長くカウンターがあり、キャッシュオンスタイルをとる。

BTB_cafe_04

客席は中央の大テーブル席8席とさらに北側にテーブル席が3,4組ほど、道路沿いの窓際にカウンター席が10席ほどあり、各席に西側と北西側窓前カウンター席(9席)10ヶ所に2口コンセントが備え付けられる。波(Wi-Fi)のPASSも各所に掲出。そして北側の本棚には漫画本がビッシリと。

この日は平日の19時前、入店当初はほぼ満席だったのだが、20時近くになると流石にお客さんが引いてこの状態。今回は様子見で…

BTB_cafe_05

タピオカ系ドリンクもあったけど、ベリー系ソーダで。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:15)

2019年11月22日


# 今回は小ネタ
8月の大久保のコーヒー店の後、もう1つ…ということで選んだのはこちら。

場所は大久保駅のすぐ西側の道路沿いにある…

Yutenten_01

有點甜(ユウテンテン) A Little Sweet、台湾スイーツのお店である。

Yutenten_02

入ると左右2フロアの構成、正面のキッチン端にあるレジでキャッシュオンスタイルをとる。

Yutenten_03

客席はキッチン前のカウンター席4つ、右手フロアが20席ほど、(写真の)左手の半個室的なフロアに10席少々といった構成。

この日は平日の19時半頃、お客さんは他に2組ほど。今回は様子見で…

Yutenten_04

(確か)豆花の紫穀米を。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:30)

2019年11月05日


# たしか7月中旬の話

元ネタはwebメディア方面から。神楽坂の東、大曲あたりにカフェがあるとのこと。あの界隈、印刷や製本工場が多い割には散発的に飲食店があるので個人店がポッとあったりする。そんなこんなでとある週末の午後にちょいと様子見に行ってみることに。

場所は強いて言えば江戸川橋駅が一番近いか、大曲の凸版印刷の神田川を挟んで南側の工場やらマンション・アパートが混在するエリアの中にある…

sabo_hachihachi_01

今回はこちら、茶房 はちはち、どうやらフリーのアナウンサー氏の元JALのチーフパーサー?だったお父様が運営するカフェである。

sabo_hachihachi_02

入ると白いハコに白いベンチ、白いテーブルと床下周り以外はほぼ白色で構成された16席ほどハコ、南側(入った右手)には大テーブルの配置。

sabo_hachihachi_03

正面突き当りにカウンター席が3つほどあり、棚にはC/Sが並べられ、その奥にキッチンといった構成。

この日は7月の日曜の15時過ぎ、お客さんは5,6人ほど、常連さん多めでカウンターでは店主ご夫婦がワイワイと歓談といったお茶時。

今回は様子見で…

sabo_hachihachi_04

チーズケーキとコーヒーと。二層チーズケーキという変わり種。ドリップはペーパー、豆はKEYらしい。続きを読む
Comments(0) |  │   (08:00)

2019年09月06日


元ネタは開店閉店情報サイトから、高田馬場の駅近になかなかピンポイント需要なカフェができるとのこと。しかも波あり電源ありということで早速。

場所は高田馬場駅の戸山口(西)を出てすぐ、線路沿いの少し引っ込んだ角地の半地下フロアを擁するビルにある…

Cafe_au_lait_Tokyo_01

今回はこちら、Cafe au lait Tokyo(カフェ・オ・レ 東京)、2019年6月にopenした「カフェオレ専門」のお店である。

入口は階段を降りて半地下のテラスへ。

Cafe_au_lait_Tokyo_02

入ると左手にカウンターが有り、キャッシュオンスタイルでオーダーするスタイル。種類が特化されていることもありキッチン周りは非常にシンプル。

Cafe_au_lait_Tokyo_04

客席は入口手前のテラス席数席と、入ってキッチン前のカウンター席が4つ、正面から奥にかけてにテーブル席が20席弱、うち角の席はガッツリ革張りのソファー席となっている。

Cafe_au_lait_Tokyo_03

さらに奥左手のカウンター席には壁面(4ヶ所)に2口コンセントが備え付けられる。Wi-FiのPASSも掲載(PASSについてはレシートにも書かれている)。

この日は確か開店日の18時半ごろ、近所の学生でほぼ満席の状態。今回は様子見で…

Cafe_au_lait_Tokyo_05

カフェオレホットを。豆は三河島のカメヤマ珈琲さん(豆売専業)から。続きを読む
Comments(0) |  │   (18:45)

2019年09月05日


元ネタは開店閉店情報サイトから。千駄ヶ谷で二度目の閉店となったバルニバービ系カフェが3度目のopenをすると。場所は中央線の北脇の大京町の高級賃貸マンション、事前偵察も済ませてopenしたということで平日朝に早速。

そのお店とは…

GMC_nowadays_01

GOOD MORNING CAFE NOWADAYS(グッドモーニングカフェ ナワデイズ)、2019年6月1日にopenした、元々は2010年から続く元祖のGOOD MORNING CAFE(SENDAGAYA)の流転先である。

手前に大きくテラス席(40席)をとり、入口は中央から。

GMC_nowadays_02

入ると左右に広がる70席超の大箱、道路側の植物で外からの視線を抑えた店内。

GMC_nowadays_03

キッチンは正面奥(北東側)にあり、南東端に半個室的スペースも設けられ、もちろんパーティー需要にも十分対応。

この日は6月上旬の平日7時頃、お客さんはあとから数組。今回は様子見で…

GMC_nowadays_04

スーパーモーニングセットを。確か他店と比してちょいと1品多め(その分お値段若干上げてるが)。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:00)

2019年06月20日


saryo_komoriku_02

元ネタはいつもお世話になっておりますこの方からの頂きネタ。高田馬場の西口に隠れ家的なカフェがあるとのこと。あの界隈では珍しいので西早稲田から転身してそちらに。

saryo_komoriku_01

場所はJR駅の西側にある新宿リサイクルセンターのちょっと北、だがこれがまたヒジョーに解りにくい。奥にひょろっと伸びる路地の入口にメニューが出ているのでそれを頼りに奥に入ること程なく現れる古民家のお店、それが…

saryo_komoriku_03

今回はこちら茶寮 隠国(こもりく)、元々は四季 隠国という和食焼肉店の昼の部として営業するお店である。

saryo_komoriku_04

入ると長らく質屋だったハコを色濃く残し、正面に大きな金庫の扉が。靴を脱いで客席はその奥にある。

saryo_komoriku_05

入ると蔵のハコのため複数の階層になった薄暗く少々複雑なフロア、全体でテーブル席が20席ほどの構成。

この日は土曜の15時頃、お客さんは他におらず、今回は様子見で…

saryo_komoriku_06

ふつーにコーヒーを。やっぱりふつー。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:45)

2019年06月05日


この日は神楽坂の奥の方へ。la kaguのテナントが入れ替わり、ササビーからAKOMEYAに入れ替わったということで早速。

場所はメトロ東西線の出口を出て真正面にあるla kagu。その1Fに入る…

akomeya_chaya_01

今回はこちら、AKOMEYA TOKYO in la kagu、AKOMEYA茶屋(アコメヤ茶屋) 。飲食エリアは入って左手半分が該当する。

akomeya_chaya_02

入るとすぐにカウンターが有り、そちらが茶屋のレジカウンターでキャッシュオンスタイルをとる。暖簾向こうの奥はAKOMEYA厨房のエリアで、概ね手前1/3が茶屋のエリア。そのため客席は窓際のカウンター席が6席ほどと、前店舗に比べて大幅縮小。その他店外にテラス席が20席程度といった構成。

この日は4月の平日の19時近く、お客さんは他に2,3組。今回は様子見で…

akomeya_chaya_03

抹茶ラテとAKOMEYA焼を。パイ地かな、これはこれでありかと。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:40)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ