古民家カフェ 蓮月(レンゲツ) / 池上


# 今回は急遽up、写真多め
rengetsu_05

元ネタはカフェ部のこの方のtweetから。大田区は東急のビンテージ物の魔改造電車から最新車両までのカオスな3両編成の電車がトコトコと走る東急池上線の池上本門寺のお膝元に古民家カフェがあると。Webページを見た瞬間、これはくる直感がしたと同時に、営業を確認するとどうやらプレオープンしている(本openは2015年10月24日)とのことなので、お会式の始まる前に早速。

場所は池上の本門寺の山門前を左へ進み、本門稲荷神社前の五叉路を左手前に曲がると程なく右手に現れる風格のある一軒家、というか古商店…

rengetsu_01

今回はこちら、古民家カフェ 蓮月(レンゲツ)、元々は1927年築の建物、2014年までそば屋「蓮月庵」として営業していたハコをカフェにしたお店である。っておお、FREESPOTなステッカーが。

rengetsu_02

入口を入ると小さな土間があり、正面に本棚が、板間を上がって右手がキッチン、左手が1Fの客席となる。

rengetsu_03

客席は奥に長くカウンター席4つを含む落ち着いた色合いの家具を中心とした16席ほどの構成。所々に古道具が置かれ、奥の間には革張りのソファー席なんかがあったりと(お客さん多数なので1Fはこれぐらいが限界)。

rengetsu_04

また、1Fの裏手はそこそこの広さの庭があり、テラス席も準備されている。今回は2Fもカフェ利用OKとのことなのでそちらに上がらせてもらうことに。

rengetsu_06

2Fは2ヶ所から上がれるようになっており、旅籠や宴会場として使われていた10畳×2間と12畳の畳間が展開される。

rengetsu_07

こちらは一番通り側の風の間。普段この3部屋はレンタルスペースとして提供される予定。

この日は土曜日の15時過ぎ。お客さんは7割程度の入りで2Fにも2組ほど。幸いにして北側の間が空いていたのでそちらに座らせてもらう。今回はお茶使い…、なのだがいろいろと売り切れていたらしく、チョイスしたのは

rengetsu_08

ブレンドとほうじ茶プリンを。


お店データ

古民家カフェ 蓮月



住所:東京都大田区池上2-20-11
営業時間:10:00〜17:00(2015年10月10日時点)
定休日:不定休
電話番号:03-6410-5469
事業者:FREESPOT
http://rengetsu.net/
https://twitter.com/ikegamirengetsu
https://instagram.com/ikegamirengetsu/
# 全席禁煙
# 店舗西側に駐車場2台分あり

さて、波のほうだが、速度は2Fで下りが7.8Mbps、上りが36.1Mbps程度。上位回線はBBexciteのフレッツ光系。AP機器はBUFFALOFS-600DHPで、トンネリングも問題なく通る。
(ただし2Fは5GHz帯が弱めになるので2.4GHz帯で繫ぐのが吉。)

rengetsu_09

メニューはプレオープン時の試行の段階で地元野菜を使用したランチと丼、sweetsが3,4種ほど。ドリンク類はそこそこにアルコール類も若干あり。また今後の検討としてキッズメニューも考えられておられる様子。

このハコ、建築年が昭和初期ということもあるのかどうやら大田区の文化財にも指定されていないようで、地元プロジェクト(blog)から株式会社まで起こして修繕を行い、今回のカフェ開店に漕ぎつけられた次第。当然中長期的観点から見ると維持するにはそれなりに費用がかかることを考えると、文化財登録も視野に入れたほうが良いんでないのと思うほどの貴重な物件。幸いにして変な内装業者に弄られてオサレ古民家系になっていないのがかえって良い。

カフェほぼ不毛地帯である池上の貴重な1店であり、メニューと内容が洗練されれば谷根千のカヤバ珈琲(既訪)と並ぶ東京23区屈指の古民家(古商店)カフェに成り上がるには十分なポテンシャルを持つ1軒である。個人的には今年後期ベスト5の1つとしてほぼ確定の1店、オススメ。

---
最寄りバス停は「池上文化センター」か「大坊前」(東急バス 森06,07系統)
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:30)