fuzkue(フヅクエ) / 初台


# 今回は写真多め
fuzkue_03

元ネタは男子カフェ部のこの方tweetから。初台に何やら気になるカフェがあるとのこと。webページを見た瞬間、「あ、これは来るな」という直感が。しかも夜遅くまで営業しているということなので早速。

fuzkue_01

場所は京王新線の初台駅の南口を出て商店街を南へ少々、目指すは京王線の廃線跡(バス停の所)を過ぎて程なくにある、角地の古びたビル。2Fを見上げると南面の窓に電球色の灯りが。

その古びたビルの内階段を登って行くと…

fuzkue_02

階段の踊場に木板が立てかけてあり、こう書かれている。

「こんにちは。
 当店では、持続的なお話
  学生さんのテスト勉強をご遠慮いただいております。
 静かな時間を過ごしに
  よろしければお入りください。

  fuzkue」

そして2Fに上がると左手に現れる扉…

fuzkue_04

今回はこちら、fuzkue(フヅクエ)、2014年10月17日にopenしたお店である。

fuzkue_05

扉を開けると奥に長いフロアは右手に高めのカウンター席が8席、左手にソファー席が4席と非常に余裕のある作り。キッチンはソファー席側の並びの奥にある。

fuzkue_06

板張りの床にダーク系の壁面、そして電球ベースの照明とドライフラワー、その立地といい、シーンといい、どことなく三軒茶屋のM(既訪)と被って見えるが、機能的に収納された本棚がまた違った洗練さを感じさせ、久々に鳥肌来るハコ。

そして更に驚いたのは…

fuzkue_07

これでもか、というほど全席にコンセントが「必ず」2口以上装備されていること(ソファー席は脇の壁面にあり)。カウンター席にはメモ帳とペンが置かれている。

この日は端のソファー席に座らせてもらって、牛革製のバインダーに挟んだメニューを見ると、お店の説明の中に「波あり」と。さらに読み進めていくとメニューはあるが…、お値段は記載されていない、要するにある意味投げ銭的値段付けなのである(勿論店主に聞くのは可、らしい)(現在この仕組みは廃止)。

今回はとりあえず様子見で…

fuzkue_08

コロンビア(中深)をエアロプレスで。豆は三茶のObscura(既訪)から。それにしてもあまりにも居心地が良くて…

fuzkue_09

2日後にも来てしまいました^-^; この日はニカラグアをプレスで(結構フルーティー)、そしてチーズケーキと合わせて。


お店データ

fuzkue


大きな地図で見る

住所:東京都渋谷区初台1-38-10 二名ビル2F
営業時間:16:00〜24:00
定休日:不定休(週1日ほどを予定)
電話番号:非公開
事業者:独自
http://fuzkue.com/
https://twitter.com/fuzkue
# 全席禁煙

さて、波のほうだが、下りが93.5Mbps、上りが152.9Mbps程度と都内のFREE系の波では(私的に見てきたところでは)屈指の速度を誇る。上位回線は定番のOCN+ひかり電話、AP機器はBUFFALO系で5GHz帯対応、WPAの暗号が掛けられており(PASSはメニューに丁寧に記載)、トンネリングも問題なく通る。

fuzkue_10

メニューはコーヒー2種、紅茶が4種ほど、その他ソフトドリンク少々で夜営業のためアルコール類が比較的多め。お店の性格上foodは軽めでsweetsが数種といった程度。

まずはメニューの最初の4ページに重みを感じるが、初日訪問後によくよく調べると店主氏、岡山の後楽園の川の畔にあるcafe moyau(未訪)の共同店主だった方(ソース)。moyauといえばこの記事で有名になったあのお店、これであのメニューの内容も全て氷解した(いや、全てはしていないかも?)。

まずはお店の記事とcafe moyauのもやう日記を一読してからお一人様で訪れることをお勧めする。なにせ、メニューには値段が書いていないのだから。

それはともかく、その意図を汲み取った上でも、都内、いや関東圏内でも挑戦的な試みで、お店の意志というかポリシーが強く感じられる。勿論どこぞの立川の某カフェSのような(メシはうまいが店主が不味い的な)例えるなら都内によくある頑固親父のラーメン的雰囲気は感じない。それでいて「普段の生活の中の一日の終盤のシーンに組み込みたい」と強く感じる「カフェバー的な感じのお店」(と店主は称している)である。是非長く続いてもらいたい、間違いなく今年の「当たり」な1店。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (07:00)