【京阪神カフェラリーシリーズ2014:その7】 自家焙煎コーヒーのお店 うさぎとぼく / 昭和町


usagi_to_boku_04

さて、ラリーシリーズの2日目、というのも今回はスルッと関西3daysなチケットなのでこの日も朝早くからスタート。まずはLmaga系雑誌に何度となく登場する阿倍野区の有名長屋カフェを目指して。

場所は御堂筋線の昭和町、あびこ筋の2本西側の通りを南へ下ること5,6分ほど、だいたい「ピン高」の西の方まで下ると所々に古い長屋がぽつぽつと現れるうちの1つに銀色の煙突が天井まで伸びるお店がある。

usagi_to_boku_01

今回はこちら、自家焙煎コーヒーのお店 うさぎとぼく。この日はモーニング使いということもあり、朝イチで突入。

右手を見ると長屋の入口脇にNOVO ROAST MASTERが綺麗に収められている。

usagi_to_boku_02

入ると古民家長屋らしい落ち着いた奥に長いハコ。右手の棚には20種類位はあろうか、棚に生豆がズラッと並ぶ。ローストされていないのは注文を受けてからローストするため。

客席は左手にテーブル席が8つほど、仕切りを経てキッチン前のカウンター席が6席ほど。カウンターにあるエスプレッソマシンはLA CIMBALIのM21系。その脇には羊毛うさぎにほっかむり(?)をさせたというか岡八郎っぽいマイメロディというか、このお店の名物キャラ、不協和音ちゃんが

それ以外にも店内のあちこちに、さり気なくうさぎの小物が置かれていたり。

usagi_to_boku_03

奥の方にはちょっと中庭っぽい空間があり、そちらにも客席が少々設けられている。寡黙な店主はせっせと朝の準備を進められていく。

さて、ここに来たら、勿論オーダーするは…

usagi_to_boku_05

おやくそくのカプチーノを。これぞまさにうさぎとぼく。

usagi_to_boku_06

そしてバタートーストでモーニングセットを。やっぱりこっちのモーニングはコレぐらいないと。


お店データ

自家焙煎コーヒーのお店 うさぎとぼく


より大きな地図で 無線LANが使えるカフェ・喫茶店(非メジャーチェーン店舗)β版 関西編 を表示

‎住所:大阪府大阪市阿倍野区阪南町3-9-10
営業時間:08:00〜18:00(木〜月)
定休日:火,水+不定休
電話番号:06-7502-2155
事業者:独自,docomo Wi-Fi
http://usaboku-coffee.com/
https://www.facebook.com/usaboku
# フロア別分煙(中庭が喫煙可?)

さて、波のほうだが、速度はお店独自のものが下りが39.1Mbps、上りは46.1Mbps程度。上位回線はeo光、AP機器はAirMac系で5GHzも対応のモノ。WEPすら仕掛けられていないので注意が必要だが、トンネリングは通るのでそれなりにフォローは出来る。

また、docomo Wi-Fiは下りが20.8Mbps、上りが880kbps程度なのでおそらく上位回線はLTEであろう。
# この他、庭Premium(au Wi-Fi)と白犬があるのだが、例の理由により割愛。ちなみに庭Premiumは上位回線は光回線の模様。

usagi_to_boku_07

基本的にはfoodはパンベースでランチに数量限定ながらカレーが出てくる程度。その代わりにコーヒー豆のバリエーションが豊富で豆だけで20種類程度あるのでそれなりに色々と選べ、あとはスイーツ4種程度といったところか。

お値段も比較的お手頃で大阪市内でも上品なエリアの町屋ということもあり、落ち着き具合も大阪市内らしからぬ京都の町屋とはまた違った良さを見せる長屋カフェである、素直にオススメ。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:00)