世界遺産最寄駅のオアシス、SHUKRA@法隆寺

# ちょいと実家帰省時の波カフェが予想以上にたまっているのでしばらく関西編続きます

 さて、実家に帰ってきて翌朝、ちょいと原チャリ飛ばして法隆寺駅まで。奈良では(県内全域で)チェーン店系意外はほぼ皆無という中で数少ない波カフェがよりによって実家近所の駅にできたということで。

shukra 01
 場所は駅の南口、かつては軽便鉄道の廃線跡(ってこのあたり影も形も無いんだが・・・)の脇に比較的新しい雑居ビルの1Fに入るお店。ちょっと一歩集落より離れれば田圃〜な地域の古都には似つかわしくない(失礼)風情である。

shukra 04
店内は格子状の棚から採光を取り入れ、比較的落ち着いた雰囲気。結構トイレも凝っている。

shukra 06
朝ということもあり、今回はラテでちょいと様子見・・・。ちなみに豆はilly。BGMは踏切と電車の音か。

ってオーナー(ご婦人)と町内の話をうだうだしているうちに手製ジャムのサンプルを持ってきてくれた、なにやら試食してほしいと。まぁ、このあたりはそれなりに果物は採れるので、そんなのもありかなぁ・・・と。


お店データ

Cafe SHUKRA

より大きな地図で 無線LANが使えるカフェ・喫茶店(非メジャーチェーン店舗)β版 を表示
住所:奈良県生駒郡斑鳩町阿波3-1-30 1F
営業時間:10:00〜19:00(平日)
     09:30〜19:00(土日祝)
定休日:不定
電話番号:0745-75-3837
事業者:FREESPOT
http://www.cafe-shukra.com/

さて、波のほうだが、下りが20.3Mbps、上りが4.9Mbps。上位回線はKCNだが上下速度の不均衡さからしておそらくCATV系。トンネリングも問題なく通る。

shukra 07
確かにこのあたりではカフェなんぞ皆無という意味で砂漠地帯のオアシスなのだが、観光地の駅前カフェと入っても元地元民からしてみれば法隆寺の門前ほどではないところで、どれだけの存在感を出せるかが問題。foodも結構軽め(開店当初あったお弁当は止めた模様)だし、そういう意味ではキレイなだけではちょいと訴求力が弱いのが気になるところ。営業時間を少しずつ短縮しているところを見るとなんとなーく不安要素がちらほら見え隠れする。それ以上に観光シーズン外の普段づかい的なところを先に掴まないと・・・。

# 奈良市内の中心部〜学園前ならともかく、この辺だと隣町の樸木のような強烈なインパクトとポテンシャルがない限り、正直言って難しいような。
# 店でレンタルギャラリーでもできればもうちょっと集客力も上がると思うのだが・・・

Comments(0) | TrackBack(1) │   (00:54)