2019年06月

2019年06月27日


この日は麹町から半蔵門へ。麹町の某カフェiの後、時間調整で近所にあるカフェを思い出して。

場所はそのiの1区画北東側の正和新坂の途中のビルに細長く入る…

TIMI_01

今回はこちら、TiMi(ティミ)、ベーカリーとケーキのお店である。

TIMI_02

入ると細長く棚にベーカリー類が並べられ、右手にカウンターといった構成。そしてイートインスペース的扱い(なのでキャッシュオンスタイル)として奥の階段から地下へ。

TIMI_03

階段を降りるとイームズチェア系の20席ほどのテーブル席のさらに奥に工房といった配置になっている。イートインスペースというよりは十分カフェ感のあるハコ。

この日は平日の19時すぎ、閉店間際ということもあり、流石にお客さんはノーゲスト。今回は様子見で…

TIMI_04

いちごのブリオッシュと紅茶と。あら、テーブルのガラス下にWi-FiのPASSが。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:30)

2019年06月26日


Suzumeno_tsuno_03

元ネタは中央線沿線ならこの方からの頂きネタ。国分寺の殿ヶ谷戸庭園のさらに東の交差点近くに雰囲気良さげなカフェが出来たということで。しかも波あり電源ありということで、行ける機会が少しあったので立ち寄ってみることに。

場所は国分寺駅南口から東へ歩くこと4,5分ほど、南町2丁目交差の回り込んで南へ入る路地の坂の途中にある…

Suzumeno_tsuno_01

今回はこちら、スズメノツノ、2019年3月30日にopenしたお店である。
お店の左手にはウッドデッキ上のテラス席があり、そちらはワンコ連れが可。

Suzumeno_tsuno_02

お店を入るとusedの家具類で構成されたハコ、右手のキッチン周りには古道具系が配され、テーブル席が14席ほど。

Suzumeno_tsuno_04

そして左手の窓際のカウンター席(5席)の窓下にはコンセントBOXが配され、電源も使用可。

この日は土曜の13時すぎ、ちょうどランチ時の集団のお客さんがごそっと抜けたタイミングに入らせてもらって、今回は時間がなかったので様子見の…

Suzumeno_tsuno_05

コーヒーで、エチオピアをチョイス。続きを読む
Comments(1) |  │   (20:00)

2019年06月20日


saryo_komoriku_02

元ネタはいつもお世話になっておりますこの方からの頂きネタ。高田馬場の西口に隠れ家的なカフェがあるとのこと。あの界隈では珍しいので西早稲田から転身してそちらに。

saryo_komoriku_01

場所はJR駅の西側にある新宿リサイクルセンターのちょっと北、だがこれがまたヒジョーに解りにくい。奥にひょろっと伸びる路地の入口にメニューが出ているのでそれを頼りに奥に入ること程なく現れる古民家のお店、それが…

saryo_komoriku_03

今回はこちら茶寮 隠国(こもりく)、元々は四季 隠国という和食焼肉店の昼の部として営業するお店である。

saryo_komoriku_04

入ると長らく質屋だったハコを色濃く残し、正面に大きな金庫の扉が。靴を脱いで客席はその奥にある。

saryo_komoriku_05

入ると蔵のハコのため複数の階層になった薄暗く少々複雑なフロア、全体でテーブル席が20席ほどの構成。

この日は土曜の15時頃、お客さんは他におらず、今回は様子見で…

saryo_komoriku_06

ふつーにコーヒーを。やっぱりふつー。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:45)

2019年06月15日


この日はカフェとしては小田急線のエアポケット駅、カフェはレアな東北沢へ。環状6.5号線予定地沿いにランドリーカフェが出来ると。この系列、都内にオサレ系コインランドリーを出店しているが、今度は三宿が本部のカフェ提携してカフェ部がパワーアップしているということで早速。

場所は東北沢駅の東口から一応拡幅地が確保された都道420号線を南へ少々、三角橋手前の新しいアパートの1Fに入る…

BALUCO_LAUNDRY_PLACE_yo_01

今回はこちら、Baluko Laundry Place(バルコランドリープレース)の代々木上原店、2019年4月6日にopenしたお店である。

入口は2ヶ所あり、左側がランドリー、右側がベーカリーカフェ(Crossroad Bakery)となる。

BALUCO_LAUNDRY_PLACE_yo_02

右側入口から入ると真っ白いハコ、すぐにカウンターが有り、脇にパン類が並ぶ。奥には最近流行りのWMF espressoが鎮座。

BALUCO_LAUNDRY_PLACE_yo_03

客席は中間部分に10席ほどのテーブル席+窓際のカウンター席5席。一番ランドリー側のテーブルは作業台のため飲食禁止の旨テーブル上のステッカーに記載されている。そしてこの系列おやくそくのランドリーが見渡せるスタイル。

この日は4月のopenして程なくした平日の19時すぎ、お客さんは他に居らず、今回は様子見で…

BALUCO_LAUNDRY_PLACE_yo_04

カフェラテとシナモンロールと。豆はCrossroad Bakery運営ということでおそらく京都の小川珈琲と思われる。続きを読む
Comments(0) |  │   (15:30)

2019年06月14日


元ネタは某掲示板から。千歳烏山の中途半端に1年程度で閉店したバーガーカフェの跡に、北欧風系コーヒーチェーン店の東京1号店が出来るということでwktkして待っていると、散々引っ張った挙げ句お店のinstagramからひっそりとpre-openしたということで早速。

場所は駅西口(北側)の改札を出て「(いろいろと)ややこしい不動産屋」のある商店街北へ程なく、アパートの1F(といっても半2F的な場所なのだが)に入る…

ROBERTS_COFFEE_ka_01

今回はこちら、ROBERT'S COFFEE(ロバーツコーヒー)の千歳烏山店、フィンランドにがブランド総本部で、福岡が本拠地の会社が4月20日にgrand-openさせたお店である(pre-openは4/8、どうやら関東圏は長野のパチンコ屋が絡んでいるようなのだが…)。

お店の入口は左手の階段を上がってM2F的な入口へ。

ROBERTS_COFFEE_ka_02

入るとすぐ正面にガラスケースがビルトインされたカウンターが有り、シナモンロール等がカウンター上に並べられる。右手奥にあるマシンはRANCILIOのEpoca。

オーダーはキャッシュオンスタイルなので受け取りもカウンターにて。

ROBERTS_COFFEE_ka_03

客席は右手に30席程度の配置、テーブル配置が若干窮屈にも感じるが、某ファーストフード店ほどでもない。

ROBERTS_COFFEE_ka_05

そして入口脇の窓際カウンター席(7席)には各席にコンセントが備え付ける(1口)。

この日はプレオープンの平日18時すぎ、ひっそりとopenしたこともあり、お客さんは2,3人ほど(しかも19時L/Oだったこともあり(しかもclose時間明示していない)、来た人続々追い返していた状況)お店もひっそりと。今回は様子見で…

ROBERTS_COFFEE_ka_04

カフェラテとsweets少々。それにしてもカフェラテの温度が高い…(あちち)続きを読む
Comments(0) |  │   (07:10)

2019年06月12日


元ネタはinstagramのフォロワーさんから。かねてから目をつけていた駒沢通り沿いのロースタリーがopenしたということで、早速。

場所は都立大学駅からまっすぐ北に向かった先にある柿の木坂交差のちょっと西、場所的には学芸大学駅よりかは都立大学駅のほうが若干近い角地にある…

ONIBUS_COFFEE_ya_01

今回はこちら、ONIBUS COFFEE Yakumo(オニバスコーヒー 八雲店)、元輸入車ディーラー跡地に2019年5月29日にopenした奥沢発のロースタリーである。(pre-openは5月6日)

左手のガレージ跡はガラスで仕切られ、大きくPROBATの焙煎機が鎮座。現在中目黒にある焙煎機もこちらに搬入される模様。それでもまだまだ余裕のあるスペース。入口は右手から。

ONIBUS_COFFEE_ya_02

入ると明るくWOODYなカウンターにLA MARZOCCOのLINEA PBが鎮座する。右手側にHARIOのドリッパーが並び、スタッフさんは手際よくドリッピングを進めていかれる。奥におられるのは、あら、坂尾オーナー。

ONIBUS_COFFEE_ya_03

客席は入ってすぐ左手窓際の縁側的腰掛けベンチがあり、右手の奥にテーブル席が3組6席といった構成。現在の奥沢店とインテリア的には似通ったスッキリとした感。

この日はプレオープン1週ほど経った後の週末15時頃、お客さんはご近所さんが3,4組ほど。今回は様子見で…

ONIBUS_COFFEE_ya_04

もちろんカフェラテ(今回はS)を。受け皿はやはり定番のイイホシユミコから。続きを読む
Comments(1) |  │   (07:30)

2019年06月11日


元ネタはいつもお世話になっておりますこの方からの頂きネタ。千石のだいぶ新大塚寄りに自家焙煎珈琲店が出来たとのこと。あの界隈もう1つ新店が通り沿いにあるので合わせて行ってみることに(結果としてもう1つの方は臨時休業で行けずじまい)。

場所は駅から不忍通り沿いに新大塚方面へ5,6分ほど歩き、南側の路地に入って程なくの住宅街の角地にちょこんとある…

seirei_coffee_01

今回はこちら、蜻蛉+珈琲(セイレイコーヒー)、2019年1月にopenした自家焙煎珈琲店である。

入口は外玄関入って左手の玄関から。

seirei_coffee_02

入ると古民家の玄関香りを残す奥に豆の瓶が多数並べられ、上にはその筋では有名なドリッパー、ねるっこが並んだカウンターがお出迎え。

seirei_coffee_03

そしてカウンター上は天井が抜かれ、上へ広々としたハコに。黒板にはメニューと共にWi-FiのPASSが描かれる。雰囲気からしてどうやら2Fに焙煎機があるらしい。

seirei_coffee_04

客席は左手の壁面に沿って長くベンチ的に5,6人分程度、こちらにも民家感を色濃く残す。

この日は土曜の13時半頃、お客さんは後からお店のお知り合いの方が数名。今回は様子見で…

seirei_coffee_05

ネルドリップなので蜻蛉ブレンドを、ちぃと焦げ味が出てるかなぁ。続きを読む
Comments(0) |  │   (19:30)

2019年06月10日


この日は三島にピンポイントで行く途中に熱海のカフェを少々。田原本町の商店街裏にある喫茶店は現地に行ったところで店主が怪我をされていて臨時休業…onz

春の日曜ということもあり仕方がないので激混み覚悟でもう1つの課題店へ。場所はその商店街のアーケードの南端近くにあるビル、その入口にちょこんと看板が出ている…

haco_cafe_01

今回はこちら、Haco Cafe(ハコカフェ)。

haco_cafe_02

お店はひたすら階段を上がって5Fまで。

haco_cafe_03

階段を上がりきると5Fの中央に出る。住居っぽいフロアに北側2フロアの居間があり、そちらにはお客さんは居られれず(おそらく予約席っぽい)。

南側にキッチンとカウンターが有り、席を取ってから階段脇の食券販売機…(´・ω・`) でオーダー、南側のカウンターにてオーダーするといったスタイル。なおデリバリーは流石にやってくれる。

haco_cafe_04

基本的には東側の海が一応見える4畳半ほどの部屋が客席になっており、こちらに2席×5組のテーブル席が窮屈に配される(さながら蛸壺部屋感…)。

ということでほぼ満席、入れ替わりで空いたタイミングでうまく座らせてもらって…

haco_cafe_05

カフェモカを。続きを読む
Comments(0) |  │   (20:00)

2019年06月08日


元ネタは国分寺北口のコーヒースタンドの店主からの頂きネタ。南口になにやらドーナツとコーヒーのお店が出来るというネタを頂いて、事前偵察をしていたところ、これまたいつもお世話になっておりますこの方からopenしたという報を受けてはいたのだが、なかなか行く機会がなかったところにチャンスが来て攻略。

場所は駅南口から南西方向に伸びる道を進むと程なくの場所にある…

Siunaus_Cafe_01

今回はこちら、Siunaus Cafe(シウナスカフェ)、2018年10月にopenした2Fの焼肉店のカフェである(いきなりネタバレ)。

Siunaus_Cafe_02

入るとすぐ右手にドーナツ類が並べられたカウンターとレジがあり、奥にはフォームドミルクにラテアートを描くripplesが鎮座している。その脇にあるマシンはCIMBALIのM23系列。

Siunaus_Cafe_04

客席は奥に長く手前には幼児向けキッズスペースがあり、その奥に客席が20数席、といった構成。
…ってん?!なぜに掘りごたつ的カウンター席…そして所々テーブルの端には温度調節スライダーがが。

Siunaus_Cafe_05

しかも各テーブルにはこのような蓋が…って焼肉用らしい、というのも営業時間が17:00厳守というのは理由があり、夜は上階の運営元の焼肉店に早変わりする

この日は土曜の16時すぎ、ほぼほぼ滑り込みで選んだのは…

Siunaus_Cafe_06

ストロベリーチョコレートのハートドーナツとカフェラテと。ripplesでアートが描かれているのだが、インクはコーヒー由来ではあるものの塩っぽさが気になる…。続きを読む
Comments(0) |  │   (17:45)

2019年06月05日


この日は神楽坂の奥の方へ。la kaguのテナントが入れ替わり、ササビーからAKOMEYAに入れ替わったということで早速。

場所はメトロ東西線の出口を出て真正面にあるla kagu。その1Fに入る…

akomeya_chaya_01

今回はこちら、AKOMEYA TOKYO in la kagu、AKOMEYA茶屋(アコメヤ茶屋) 。飲食エリアは入って左手半分が該当する。

akomeya_chaya_02

入るとすぐにカウンターが有り、そちらが茶屋のレジカウンターでキャッシュオンスタイルをとる。暖簾向こうの奥はAKOMEYA厨房のエリアで、概ね手前1/3が茶屋のエリア。そのため客席は窓際のカウンター席が6席ほどと、前店舗に比べて大幅縮小。その他店外にテラス席が20席程度といった構成。

この日は4月の平日の19時近く、お客さんは他に2,3組。今回は様子見で…

akomeya_chaya_03

抹茶ラテとAKOMEYA焼を。パイ地かな、これはこれでありかと。続きを読む
Comments(0) |  │   (07:40)

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ