2014年09月

2014年09月30日


元ネタは用賀の若き自家焙煎コーヒースタンドの店主のinstagramから。東京の東のほう、スカイツリーの袂のお店にコーヒーをおろす話が。先に訪れたこの方の写真も確認して雰囲気もさほど悪くないので機会を伺って。

場所は押上駅前交差から浅草通りを東へ少々、郵便局の少し東にある元金物工場の跡にあるゲストハウス、TOKYO HUTTEの中に入る…

inkr_coffee_and_bar_01

inkr coffee&bar(インカー コーヒー&バー)。入口は北の川側と南の通り側の2ヶ所から。

inkr_coffee_and_bar_02

入ると工場だったハコは天井に面影を若干残しつつ、白い壁面とあっさり目の家具でスッキリと仕上っている。南北に長い客席は13,4席ほど。中程にテーブル席が2組、南側にソファー席が1組。

inkr_coffee_and_bar_04

北端のソファー席ではゲストハウスのフレンチブルがお昼寝。

inkr_coffee_and_bar_03

北東端にキッチンがあり、キャッシュオンデリバリースタイルを取る。マシンはLA MARZOCCOLINEA Classic

この日は土曜日の昼前ながらも2,3人ほどノマド使いの方が。今回は様子見で…

inkr_coffee_and_bar_05

ラテを。豆は先述のとおり用賀のWoodberry Coffee Roasters(既訪、波カフェ)から。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (07:40)

2014年09月26日


元ネタはInstagramのフォロワーさんから。代官山の北東端に商業藝術系のロースターがあるとのこと。あの系列、波がだいたいある察しが付くのだが、いかんせん土日祝定休というハードルの高さになかなか行けなかったところで今回の機会に合わせて。

場所は渋谷の南、並木橋を越えて代官山に入ってすぐ右手のビルの手前に黒いファザードを見せるお店がある。

24_7_KIOSK_01

24/7 KIOSK(トゥエンティーフォーセブン キオスク)、chano-ma等を展開する広島発の商業藝術の東京本社がはいる1Fにあるロースターを兼ねたコーヒースタンド(?)である。

24_7_KIOSK_03

入ると真っ白なハコの右手に銀色の腰ほどのロースターが。どうやらコレで所謂(宇品や渋谷にある)24/7ブランドのロースティングをやっている?ような雰囲気。
(→後に機種判明、これ(TORNADO KING)。)

24_7_KIOSK_02

そして奥は真っ白なカバーを掛けられたテーブル席が5,6席といったシンプルなもの。この配色を選ぶのはやはりchano-maの影響がそれなりにあるのかもしれず。奥は地下へ続いてどうやら事務所になっているっぽい。

この日は流石にスタッフの方以外ノーゲストということで、奥の席で頂いていきますかね…

24_7_KIOSK_04

ミルク珈琲をアイスで。

---
さて、問題の波のほうだが、明らかに店名なESSIDの波が出ている。おやくそくの使用確認をすると…「使えますよ」とのこと。やっぱりキタ━━━━(・∀・)━━━━!!続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (07:30)

2014年09月23日


元ネタはこの日先に訪れた西荻窪の古民家カフェSの現カフェ担当店主のInstagramから。西荻窪には想像もしなかったコーヒースタンドがopenしたとのこと。ひょんなことから休日の午後に西荻窪に出る機会があり、先にその古民家カフェに寄った後、こちらに行ってみることに。

場所は西荻窪の南側、バス通りの一本西側の通り(ファミマのある方)を下ると程なく、近所に古民家カフェR(未訪)や最近カフェを開店した卵を使わないお菓子屋Kのあるあたり、通り沿いに真新しいサッシ戸のお店がある。

MOSS_CORE_COFFEE_01

今回はこちら、MOSS CORE COFFEE(モスコアコーヒー)、2014年8月にpre-open(2014/9/1 本open)したお店である。

そのサッシをがらがら〜っと開けると

MOSS_CORE_COFFEE_02

タイルの壁面に板張りのカウンター席が7席。そしてカウンターに聳えるマシンはSlayer

メニューは背面の黒板に…

MOSS_CORE_COFFEE_03

って「WiFiパス」ってこれは予想外の波キタ━━━━(・∀・)━━━━!!

さて、今回は様子見で…

MOSS_CORE_COFFEE_04

ラテを。豆はこの時はcafe faconの豆「だった」模様(後日にfaconで裏取り済)。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:40)

2014年09月22日


先の北参道のお店から続いて、今度はもう少し原宿寄りに。場所は明治通りの1本西側、仏系倉庫カフェA(既訪)や緑の多いカフェT(既訪、波カフェ)がある界隈にサイクルショップを併設するカフェが出来たと。ということで早速。

その通りを南に下ると、先に訪れたカフェAの少し北側の交差点角にガラス張りのお店が見えてくる。

Rapha_01

今回はこちら、Rapha Cycle Club TOKYO(ラファ サイクル クラブ 東京)、ロンドン発のサイクルウェアブランドが年7月25日にopenしたお店である。

Rapha_02

入るとすぐ左右にカウンター席が4席×2、右手から奥にかけてカウンターがあり、左手にテーブルにサイクリストのTシャツ等がディスプレイされた客席が12席ほど。

突き当り奥(写真では手前側)に地下への階段があり、B1Fはショップのスペースの模様。

Rapha_03

入口脇カウンター手前にはパンが並べられ、カウンターに聳えるマシンはLA MARZOCCOのLINEA CLASSIC。キッチンの奥にはモニタがありやはりロードサイクル系のビデオが流れる。


この日は数名ほど、しかも身内多めということでささっとコーヒーでも頂いていきますかね…

Rapha_04

ということでラテを。

---
さて、例によって波を確認してみると、明らかに店名そのもののESSIDでFREEな波が出ている。聞いてみると…

「使えますよ」とのこと。やっぱりキタ━━━━(・∀・)━━━━!!続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (20:50)

2014年09月20日


CLAMP_COFFEE_SARASA_04

さて、京阪神カフェラリーシリーズの最終日、この日はユルく京都市内を「流す」ことに。まずはパフェ部部長からネタ振りされていたこの場所を。

最寄り駅は二条か地下鉄の二条城前。神泉苑から御池通を少し西に行くと、路地角に奥の倉庫へと続く石畳のエントランスが。

CLAMP_COFFEE_SARASA_01

今回はこちら、CLAMP COFFEE SARASA(クランプコーヒー サラサ)、二条界隈では老舗カフェのさらさ系列のロースターである。お店自体は奥の右手のガレージっぽい場所の脇にある。ちなみに2Fは植物とアンティークのお店cotoha

CLAMP_COFFEE_SARASA_02

入ると倉庫跡っぽいハコにusedと錆分を存分に活かした家具と小物。すぐ左手にキッチンカウンターがあり、客席は入口を回り込んだ奥(西側)に。

CLAMP_COFFEE_SARASA_03

金属等の作業台を使った客席はだいたい10席少々のハコ。北端に焙煎機が配される。植物もドライフラワー系でシャビーなのだが、窓の外側の蔓草の緑具合が意外と良いコントラスト。

そんなわけで早速一杯引っ掛けていきますかね…

CLAMP_COFFEE_SARASA_06

ということでアイスラテを。

---
さて、本題の波のほうだが、基本的にさらさ系列は波があることは定番なので確認してみることに。

無印Wi2の波が出ていることは確認出来た。スタッフに聞いてみると、Wi2は置いていないとのこと(2Fのcotohaにあり)。こっちだったらということでWiMAXのWi-Fiルーターが…(^-^;続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (10:50)

2014年09月19日


さて、先のお店から続いて明治通り沿いへ。スタバの少し南のセブンイレブンと同じビルにコーヒースタンドがあるのでそちらを。

Cafe_Flattie_THE_STAND_01

今回はこちら、Cafe Flattie THE STAND(カフェ フラッティー ザ スタンド)、2013年12月にコーヒースタンドとして業態変更したお店である。入口手前に高椅子のテラス席が2つほど。

Cafe_Flattie_THE_STAND_02

入ると右手に長くフロアがあり、左手(東側)壁面にカップがやっとおける程度のカウンター席が4つほど並ぶ。右手のカウンターに聳えるマシンはSynesso

この日は平日の午前中ということもあり、たまにtakeoutで何人かが来られる程度。さて、今回は

Cafe_Flattie_THE_STAND_03

フラットホワイトを。豆は神楽坂のMojo Coffee(既訪)から。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (07:32)

2014年09月15日


Yume_NOMAD_01

さて、先のお店から次は…、と悩んでいたところで先のお店、大量に他のお店のショップカードを揃えていたのでそこから良さ気なお店をチョイス、そのうち1つが目に止まった。そこはというと…、ホステルのロビーがカフェだという。この辺は波があるという勘が直感的に働いたのでそちらへ。

場所は先のお店から新開地方面へ下ると、そこは関西では屈指の赤線地帯、福原。その西側の法面の上に赤い店名の書いた看板が上がっている。その下の階段を上に上がるとすぐ脇に現れる一軒家…

Yume_NOMAD_02

今回はこちら、YUME NOMAD(ユメノマド)。そして中にロースターBEYOND COFFEE ROASTERS(ビヨンドコーヒーロースターズ)を併設する。

Yume_NOMAD_03

引き戸をがらがら〜っと開けて玄関を入り、靴を脱いで上がらせてもらうと、奥に長くロビーというかリビングスペースエリアの板間の左手にソファーが4,5つほどの居間。右手の窓側にも椅子が数組あり、その奥左手にカウンターといった構成。更に奥は畳の間でホステルに長期ステイしている外国人の方が何やら談笑している様子。

さて、メニューをっと上を見上げると…、カウンター上にWi-FiのPASSが。やっぱりキタ━━━━(・∀・)━━━━!!

なかなか微妙に場違いっぽい雰囲気を感じつつも、CAFE使いでコーヒーを頂くことにする。さて、今回は…

Yume_NOMAD_04

アイスコーヒーを(品種忘れた^-^;)。(多分浅煎りのモノを)水出しで、完全に柑橘系テイスト、しかもクリア。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:20)

2014年09月14日


さて、先の須磨のお店から再び山陽電車で東へ。そして新開地で乗り換え(って乗り換える距離でも無いのだが)。次のお店は湊川公園の東にある湊川商店街の中に。元々はおやくそくのLmaga系雑誌でそのお店の存在は知っていたのだが、Instagramのフォロワーさんから波ありとの話を聞きつけてこちらへ。

ダイエーの前を東に曲がると程なくして右手のビルの1Fに水色の柱、そして正面に出るとベタな商店街には似つかわしくないコーヒーをドリップするイラストのオサレなお店が姿を現す。

COZY_COFFEE_01

COZY COFFEE(コジーコーヒー)。

COZY_COFFEE_02

入ると白く奥に長いハコ。左手前にはいきなりの水色と赤のヤコブセンのエッグチェアが目を引く。右手にカウンター席が6席ほどあり、そちらには各1口コンセントを配備。中程から奥右手側窓側にそって白黒のセブンチェアが奥にかけて8組16席ほど。

COZY_COFFEE_03

中程から奥の左手がキッチンとなり、手前からスイーツのガラスケース、レジ、エスプレッソマシン、(多分)ハリオのドリッパーと並ぶ。マシンは LA MARZOCCOSTRADA EP

この日は平日の夕方ながらも約半々の入り。買い物帰りの一休みのような風情の中でご婦人お一人様が意外と多かったりと。

さて、今回は勿論…

COZY_COFFEE_04

ラテを。続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:30)

2014年09月13日


Riche_01

さて、先の的形のお店から再び山陽電車で東へ。今度は一気に須磨まで戻り、JR駅の南口を出て須磨海岸に。

そこからシーズンで賑わう海の家の裏手路地を歩いて砂浜を歩くこと2,3分ほど、住宅地の一番海に面した家のうちの一軒の先に、看板が出ている。

Riche_02

左を振り向くとそこは壁面に大きく書かれた店名、sweets cafe Riche(スイーツカフェ リシェ)。入口は法面のコンクリートを繰り抜いた小さな扉から。

Riche_04

入ると小さな階段を上がってこの建物の1Fに。どうやら自宅改装系のカフェのようで、白いハコに黒色のテーブル席を中心に30弱ほど。北側のカウンターの奥にキッチンがある模様。

Riche_05

そしてここのお店の最大の特徴は、窓から須磨海岸を一望出来るビュー。

この日は平日の16時過ぎということもあり、お客さんもまばら。今回は階段前の席に座らせてもらって、スイーツを…と行きたかった所だが、後もまだそれなりにあるので

Riche_06

ふつーにアイスティーで済ませる(ぉぃ)続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:00)

2014年09月11日


studio_d_01

元ネタはこれまたLmaga系雑誌から。阪神の魚崎近くに雰囲気の非常に良いカフェがあると。Instagramのフォロワーさんの写真を見てもこれは…、ということで先の鶴橋のお店から阪神なんば線経由で西へ。

場所は阪神の魚崎駅を北側に出て、西宮方面へ戻ること少々、魚崎小学校の南側の区画の真ん中にあるビル、なのだが…なかなか入口が見つからない、と思ったらコミュニティバスの少し南にちょこんと看板があり奥に入る路地が。

studio_d_02

そしてその路地を入って行くとちょいと古風なビルがあり、お店はその3Fに。

studio_d_03

3Fに上がると現れる扉、今回はこちら、Cafe gallery+Studio studio D.(スタジオ ディー)。

studio_d_04

入口入って、この心地よさはすぐに解る左手に広々とした客席。年季の入った板張りの床に緑が多くusedの家具で手前のソファーが気持ちよさそうな18席程度のハコ。キッチンは西側のフロアに。

studio_d_05

照明や小物にもusedのシャビーなモノがふんだんに使われ、東端には本棚が。そして南側の窓からは屋根の間の高架を駆け抜ける阪神電車が見える風景。

この日はお店の夏休み開け直後でopenして程なくだったのでノーゲスト。さて、今回はランチと行きたいところだが後にも予定が詰まっていたので…

studio_d_06

レモンソーダを。

---
さて、問題の波のほうだが、目をお店の橋の方にやると白犬の「アレ」が転がっているのが確認できたが、調べてみると明らかに店内設置の波がある。ダメモトで聞いてみると…

「使えますよ」とのこと。ぬぉ、ここで予想外の掘り出しモノキタ━━━━(・∀・)━━━━!!続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:30)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ