2009年11月

2009年11月28日

# 今回は大阪編を少し

今回はちょうど大阪出張が金曜という絶好の日取り、ということで実家に帰省してから翌日は朝から寄り道帰宅途上。

靱公園界隈でとあるお店に嫌われた(イベント日のため)後、せっせと東に歩いて着いたのは御堂筋を超えて本町。

asano_coffee_01
今回はオフィス街の雑居ビルに入る珈琲店、アサノ珈琲。

asano_coffee_04
店内はダークブラウンとクリームの壁面でまとめられた比較的すっきりとした喫茶店というか珈琲店というところ。こんな雰囲気はある意味関西珈琲店の定番なのだが奥のほうを見るとPCが1台。それもそのはず、「DAILY OFFICE CAFE」と銘打っているだけあって(確か開店当初から)そのあたりも意識して波は対応している、といったところ。

asano_coffee_06
ここは朝となれば大阪の定番のモーニングセットを、\380でこのラインナップだから他所から来たものにとってはお得感たっぷりである。コーヒーは、大阪ストロング系というか、苦味が先にガツンと来るといった印象。しかしサンマルクのような安っぽいものではない。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:59)

2009年11月24日

つくばシリーズその2。今度は先のNON AMERICAN DINNERから2店経由して学園東大通りを一気に南下。場所は研究所の中、といってももともとは移動カフェだったお店が厚生棟の喫茶室に入ったという変り種のお店。

cafe_pique_nique_01
門前で受付を済ませて研究所内をチャリで爆走。厚生棟らしきところから探索開始・・・って看板はあるけど見つからない・・・、なにやら別のお店の方に聞いてみるとずーっと奥とか(^-^;;。

cafe_pique_nique_02
厚生棟を1つ抜け、なにやら森の小道を抜けていくと再び食堂らしき建物が。その食堂にたどり着いた反対側にVolkswagen Type2が書かれた一枚板の看板。ここが今回目的のお店。

cafe_pique_nique_04
時間帯はまだランチタイムということでドリンクはフリーでセルフ形式といった状態。ううむ、普通にお茶したかったのだが、ここはちょいと根負けしてランチのドリンクで普通にコーヒーを頂く。
ごく普通のテーブル席が大半なのだが、奥に年季の入ったテーブルとオルガン。そしていわゆるちょっとレトロないわゆる「パタパタ式」な時計。単なる厚生施設ではなくカフェであるという主張が伺えるインテリア。

cafe_pique_nique_03
カウンター席に座って休憩中の中のひとにまぎれながら一人コーヒーをすするひと時・・・(ちょっと複雑)。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:58)

2009年11月20日

# そろそろ積み残しの京都シリーズを終わりにします・・・

mahola_n_LuLu_01
 さて、taro cafeの後、三条のsoboroがonzだった結果で残るは・・・、というところで向かった先はここ。

表面、ちょいと京都の町家よりは離れたイメージはするが、中に入るとそこは普通の町家。1Fはテーブルのかっちり系、さすがに大型連休だけに午後4時をまわっても人の減らないこと・・・。

mahola_n_LuLu_02
少々待ってかろうじて空いた2Fのカウンター席へ。元々は2タイプのお店だったのだが結局一緒になったという経緯のあるお店。なので2Fは1Fとうって変わってソファー大目のゆったり系。

mahola_n_LuLu_04
2Fの厨房カウンターの上にはインターネット使えるけど1オーダーしろやゴラァミ●●彡 、と英文でご丁寧に書いてある。さすが京都というか、このあたりは東京以上にWiFi friendlyな街である。

このころになると胃がさすがにやばくなってきたのでジャスミン茶で抑えておく。ちなみにここでこの日は11店目(自爆 よい子はまねしちゃいけません・・・)

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (01:12)

2009年11月15日

OnEdrop_cafe_01
 先述のフクモリから少し西に歩くこと数分、交差点角に天井の高い大きいフロアのお店、OnEdrop cafe。この時点で波ははっきり判断しかねるところだったのだが、ピットスペース改装系ということで結構「イロモノ」系には弱い私としてはとりあえずネタで入ってみることに。

OnEdrop_cafe_04
 手前にはいきなりDJスペース。

OnEdrop_cafe_03
広い客席にはふんだんにカリモク60のKチェアとソファー群、といった構成。ピットスペースの壁面を美味く生かしてプロジェクターのスクリーンと美味く生かされている、奥のシャッターがおそらくガレージの出口だったのだろうと。

OnEdrop_cafe_02
メニューも出納簿のカバーとはいかにもこのあたり界隈らしいアクセント。

OnEdrop_cafe_08
今日は夜カフェということで、コーヒーと鹿児島の蒸しパン系郷土菓子、ふくれのアレンジモノ(FUKU+RE)を。

コーヒーは三河島の銀の豆、FUKU+REは結構甘さ控えめ。それ以上にこのシート、思った以上に体にフィットしてくれるのはなかなか、どこのメーカーのブツなんだろう・・・。





さて、波のほうだが、入るとやっぱりというかお店の名前のESSIDの波が出ている。注文をとりにきたスタッフに聞いてみると・・・・、ごそごそ奥に行って・・・、オーナーに確認して・・・


「使えます」とのこと。この日二度目の掘り出しモノ、キタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ( ゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━!!!
続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (22:52)

2009年11月12日

# ちょいと横浜ネタを。
# あ、最近WirelessGate Wi-Fi+WiMAXプランでWiMAX導入しました。しかし・・・

uda2cafe_01
 元ネタはHack Spaceに上がったネタ。これはということでとある日の夜、品川から京急で屏風ヶ浦までスクランブル。駅から磯子に向けて歩くこと5,6分ほど、屏風ヶ浦の交差点脇にぽっかりと明かりのある白い店頭、今回はここ、uda2cafe


uda2cafe_04
店内は物販スペースの奥にカウンター、左手は比較的大きな白い革張りの1シーター席。

uda2cafe_05
店主以外誰もいないところで奥の席に座らせてもらい、今日の夜ご飯はロコモコ。味はそれなりにしっかりでごはんもそこそこ。

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:34)

2009年11月08日

# つくばネタも終わりきらないままに福岡天神ネタがころこんできたりと最近波カフェネタが溢れて困ってます・・・

fukumori_01
 さて、ネタは都内に戻ってとある日の夜、ちょいとカフェ部部長のネタから気になったお店をちょいと訪問。場所は馬喰町。中央区のカフェというと銀座を外してしまうと東日本橋のCAFE415クラスのようなこれといったカフェが見つからないもの。駅から西へ少し歩くこと、通りから路地に入ってすぐのビルにカタカナ4文字で「フクモリ」と看板が。

fukumori_03


fukumori_05


fukumori_04
 表は全面オープンな構え。大テーブルと両端にテーブル席、あとソファー席が少々。白と淡い木のすっきり系でまとめられ、そんな中にちょいと古いアップライトピアノが鎮座。奥にはライブラリがあり、白い螺旋階段が店内の全体のイメージにインパクトを与えるように存在。

さすが場所柄だけあってほとんどが会社帰りにちょいと一杯と晩飯の境といったところか。そんなアッパーな雰囲気の中で店頭にあったhanakoを読みつつ、軽く晩飯を。

fukumori_06
選んだのは山形豚と三元豚のスチーム。別メニューで食事セット(ご飯+味噌汁+香の物)でひとつメニューが完成するようにできているのはなかなか考えられているというか。
それ以上に緑ひじきの味噌汁がうまかったなぁ・・・。



 実はこのお店、店頭にくる直前まではまぁ、適当に晩飯でも・・・と思って座って例のツールを見たことで状況が一変。店名のESSIDの波がある・・・・、ということは?!ということで聞いてみると・・・・





 「ええ、多分使えると思います。」
 ちょいと心配したので一応念押しで確認したところ「問題ないですよ」とのこと。キタ━━━ヽ(∀゜)人(゚∀゚)人( ゜∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゜∀)ノ━━━ !!!

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (22:56)

2009年11月06日

# どうやら閉店した模様です(系列店のページからリストが消えています)

 とある日の平日の休み、ちょいと課題にしていた場所へ遠征に。

TX_1
そう、この車窓から見てわかればあんたは「鉄」。

ということで「つくば」ですよ、つくば。変に水戸よりはカフェが多いこの地帯、さすが研究都市、学園都市だけあってカフェの需要はそれなり。しかしながら30年前の都市のつくりをしている以上1区画が長すぎるこの地域をさてどうやって攻略するか・・・、というところだが、今回見つけたのが市営のレンタサイクル。\500/日で3段変速のママチャリが借りられるということで、変になかなか来ないバスを待つよりよっぽど効率的である。

 ということでちょいと近くのタリーズで一杯引っ掛けた後に行ったお店はこちら。

NON_AMERICAN_CAFE_and_DINER_02
自転車で走ること約20分ほどか、研究都市の北東の端近くにあるアメリカンダイナーのお店、NON AMERICAN CAFE & DINER。元は隣のギャラリーの別館だったようだが改装されてちょいとアメリカンカントリー風のお店に変身。

NON_AMERICAN_CAFE_and_DINER_05
テラス席もそこそこに店内へ。客席は1Fと2Fがあり、2Fはちょっとロフトチックなリビングになっており、今日はまだ誰もお客はいなかったので2Fに上がらせてもらうことに。

NON_AMERICAN_CAFE_and_DINER_07
靴を脱いで上がる2Fはソファー席が大半。壁掛けモノがなにやら版権にうるさそうなところのものが多いが、それはさておき、ちょっと早いけどお昼を頂くことに。

NON_AMERICAN_CAFE_and_DINER_08
ランチメニューはオリジナルバーガーを。ソース類があまりかかっていない分結構naturalな味だが、量が予想以上に半端でないレベル。一応パテは130gあるのだが(このあたりの基準はどうかな・・・)最近胃が小さくなった身としては結構来るレベル。都立大のtop dogを髣髴させる勢い。


それはさておき、波のほうは・・・、使えますよとのこと。お店のinfomationから勘繰った甲斐があったなぁ・・・(^^)

続きを読む
Comments(2) | TrackBack(0) │   (23:22)

2009年11月03日

# どうやら2012年にこちらは閉店して七条のゲストハウスだけ現役のようです
# 京都波カフェ耐久戦、ちょっとすっ飛ばします

taro_cafe_01
 さて、西陣を後にして、堀川丸太町のsongbird designdで六曜社のコーヒーを頂き、→松ヶ崎のmago's sandwichの昼飯が「大ハズレ」→勢いで一乗寺のAnone cafeでお茶→五条川端のefishでLANケーブルがAirMacのbase stationにつながれてないことに愕然とした後、失意のまま少し河原町筋を下って、タロカフェ。

taro_cafe_02
 バイク屋の続きのちょいと古ぼけた一軒家カフェ。お迎えはいきなりWireless LANの張り紙。

taro_cafe_03
1Fはカウンター席と厨房、奥の細い階段を上がって2Fへ。がらーんと開けたお店はちょいと古ぼけた家具類となぜかスーファミが(どうやらマリオカート大会がちょくちょくあるんだとか)。

taro_cafe_04
窓枠にはご丁寧にESSIDはこれ、と示してくれている丁寧さ。さらに・・・・

taro_cafe_05
電源は窓の下にあるランプに使われているコンセントを使っていいとのこと。うーん、やるな・・・・。

taro_cafe_08
ここで天満橋から始まって9店目。さすがにちょいとやばくなってきたのでカモミールのティーでちょいと休憩。

誰もいない2Fを独り占めで午後をマターリ。

続きを読む
Comments(1) | TrackBack(0) │   (17:27)

Recent Comments
ついったー
Categories
Archives
にほんブログ村
  • ライブドアブログ